枝豆とパルミジャーノのリゾット

枝豆とパルミジャーノのリゾット


こんにちは。

枝豆は、ヘルシーフードとして海外の方にも人気が出てきました。
チーズとの相性も抜群ですよね!

ゆでた枝豆にパルミジャーノチーズをまぶしつけるだけでも十分おいしいのですが、
今日はもう一工夫して、リゾットにしました。

%e4%bf%ae%e6%ad%a364%e6%9e%9d%e8%b1%86%e3%81%a8%e3%83%91%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8e%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%be%e3%83%83%e3%83%88

枝豆とパルミジャーノのリゾット
材料
(2人分)
枝豆(さや付き)…100g
玉ねぎ…1/6個
米…1合
白ワイン…1/4カップ
塩…小さじ1/4
水…21/2カップ
パルミジャーノレッジャーノ(なければ粉チーズ)…適量
生ハム、黒こしょう…各適宜
オリーブオイル…大さじ2

1.枝豆は水でよく洗い、塩(分量外)をまぶす。鍋に湯を沸かして枝豆を入れ、再度沸いたら弱火にして5分ゆでる。ざるにあけて粗熱を取り、さやから出して薄皮をむく。玉ねぎはみじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを入れて炒める。たまねぎが透き通ってきたら米を加えて炒め、全体に油がまわったら白ワインを加えて1分程煮立たせてアルコールをとばす。塩と水1カップを加えて、ときどき混ぜながら煮詰める。水分が少なくなってきたら水1カップを加えて同じように煮詰める。水1/2カップを加えてさらに煮詰め、芯が少し残る程度になるまで繰り返す。枝豆と削ったパルミジャーノレッジャーノを加え、塩(分量外)で味を調える。器に盛ってお好みで生ハムをのせ、黒こしょうと削ったパルミジャーノレッジャーノをかける。

白ワインを加えることで、お米がもっちりと仕上がります。
水を加えたら、かき混ぜすぎるとお米のねばりが出てしまうので、
底が焦げ付かないようにときどき混ぜる程度にしてください。

さて、2年に渡ってご紹介してきた
旬の食材を使ったレシピ、いかがでしたでしょうか。

本日のレシピでこの連載は終了です。
今までお付き合いいただいき、どうもありがとうございました。
この連載で、少しでも旬をいただくことの大切さをお伝えできていれば幸いです。

これからも旬をむかえるエネルギーに満ちた食材を食べて、
身体も心も健康でいられますように。

おすすめ品ご紹介

%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e8%a8%88%e9%87%8f%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%b3

基本の計量スプーン
新潟県燕市、Kan の厚口計量スプーン3本組です。
仕事柄色々なスタジオのキッチンを使用させてもらい、様々な計量スプーンに出会いましたが、最終的に自宅に買いそろえたのはこの厚口の計量スプーンです。18-8ステンレスを使用しているのでさびにくく、厚口なので丈夫。正確に計量することができます。

 

【お知らせ】
この連載が、1冊の書籍になりました!
春夏秋冬、1年を通して楽しめる旬野菜レシピが満載。
書籍のための書き下ろしレシピも収録!

『旬がおいしい台所』
\大好評発売中!/

\こちらも好評発売中!/
『1日分の野菜(350g)がとれる ヘルシー!トスサラダレシピ』

———————————————————————————————————————————————————–

Banner Illustration:ノラヤ
http://www.ne.jp/asahi/cat/nora/

Written by inoueyumiko
inoueyumiko

井上裕美子(いのうえ・ゆみこ)/フードコーディネーター 2003年に東京調理師専門学校卒業後、アシスタントを経てフードコーディネーターとして書籍・雑誌・広告などで活躍。A2所属。“簡単に作れてお腹も心も満足できるものを食卓へ”をモットーに、 身近にある食材で手軽に作れる料理が好評。2015年5月に初著書となる『ヘルシー! トスサラダ』をワニブックスより出版。

»この連載の記事を見る