零下でも大丈夫! 極寒のソウルで役立つあたたかアイテム

零下でも大丈夫! 極寒のソウルで役立つあたたかアイテム


アンニョンハセヨ。

韓国が好きすぎて韓国についての知識をもっと増やしたく、ソウルで暮らし始めて2ヶ月が経ちました。

特段不便なことはなく日本と変わらずゆるゆると暮らしております。

つい先ほど、家のカードキーと銀行カードをなくしてしまい、乗車した地下鉄の駅へ戻ってみると親切などなたかが拾って届けてくれていた。という心温まるエピソードが生まれました。1番冷や汗をかいた出来事はこのくらいでしょうか。

ソウルで生活してみて感じたことは

①家賃、生活費などほぼ東京と変わらない

②むしろカフェ代は東京より高いかも

③ネット環境が良い(速度制限無縁)

④交通費が安い

⑤カード社会
※本当!どこでもカードが使えます。ちなみにスターバックスは現金が使えず、カード決済オンリーとなっています。

⑥オンドルがあるから冬でも家が暖かくて快適

私が日本と一番違うと感じるところは年齢への意識

90年代初期の日本ってこんな感じだったのかな..?と思うほど。25歳をすぎたらもうおばさん!な風潮をビシビシ感じます。

ソウルの冬くらい冷たい風を感じます。

例えば、新しく韓国人の方と出会う時、まず最初に「몇살이에요?(何歳ですか?)」と聞かれます。これほぼ必ずです。儒教の教えで上下関係が厳しいこともあるので、最初に確認して敬語を使うかどうかを確かめる意味合いももちろんあると思うのですけれど。

「忘れた」
「あ〜私がオンニだね ※注1 
「私がヌナだ ※注2

とかわすことも多々ありますが、正直に30代だと伝えるとなんだか空気が固まる気がするんですよね。意識しすぎてる自分自身の問題なのか事実なのか…ハーフハーフです。

なので、ソウルで暮らし始めて1週間に2.3度は落ち込みます。正直しんどい。20代前半になってやり直したい。でも韓国は顔面至上主義だから、若返ったところでまだしんどい…BLACK PINKになりたい….

と落ち込んだりもするけれど

大好きなカフェに行き、ソウル最高〜!

と元気を取り戻す。そんなループです。

私はあくまで外国人だから関係ないのだ。というメンタリティ。強心臓でいないとやってられません。

または聖地(SM TOWN)へ足を運び、
愛する推したちと同じ空気を吸える喜びを確かめエナジーチャージしています。

DON’T MESS UP MY TEMPOですね。

さて、先日は11月末にして初雪が積もり、ソウルはすでに冬。

日中はまだ暖かいと思える日もあるものの、朝晩は本当に寒いです。

ソウルの寒さはなんというか…骨まで響く寒さ。

寒い。本当に寒い。痺れる。

今年1月は-17℃なんて日もざらなほど寒く、寒すぎて外にいることが困難なほどでした。

でも年末年始はソウル旅行する方もきっと多いですよね?

今回は、冬の極寒ソウルで役に立つアイテムなどご紹介しようと思います。

1.ペディン

ペディンとは、韓国ではいわゆるダウンに当たるものでしょうか。(ペンギンのようだからペディンと呼ぶんだと聞いたことがあるのですが真実かは不明)冬、ソウルの人たちはみんな黒いペディンを着ている。と言っても大げさでないほど、みんな着ています。本当に暖かいんですよ。ペディンさえ着てれば、その下は薄着でも割と大丈夫。

人気俳優やアイドルたちが大手ブランドの広告キャラクターをしていたり、韓国では冬の必須アイテムなのです。

プチプラなものから高価なものまで様々な種類のものがありますが、もう大人だしあまり安っぽいのも嫌だったので、私はthisisneverthatという韓国ブランドのロングペディンを購入しました。軽くて暖かい上にネックの裏側がフリースになっているためさらに暖かい。長く着れそうなシンプルなデザインとロゴも気に入っています。

とにかくこれさえあれば極寒ソウルも安心!


地下鉄の構内など至る所で売っています

また、今年は可愛いモコモコアウターも豊作なので、ソウルでお買い物される際はぜひチェックしてみてください。

2. UNIQLO ウルトラライトダウン

ペディンを買っても日本では着ないしな〜

そんな方は手持ちのコートにユニクロのウルトラライトダウンをイン!

日韓どちらでも日常的に使えるのでコスパ良し。

もちろんヒートテックも忘れずに。

韓国にもユニクロはありますが、全体的に1000円ほど値段が高いので日本で購入しておいた方が良いでしょう。

 

3.韓国で買うニット

韓国のニットは軽くて安くて暖かいので、毎年たくさん購入しています。

色味も豊富で1000〜4000円ほどであります。

ウール100%で品質が上がると5900〜8000円と値段も上がります。またカロスキルは少し値段が高いように思えます。冬のおすすめショッピングスポットは、何と言っても江南駅の地下街! プチプラ服が豊富な上に暖かい地下でお買い物ができるのでおすすめです。

https://map.konest.com/darea/14

4.あたたかパジャマ

冬になると、韓国ではダサ可愛いあたたかパジャマがたくさん出てきます。

人気のクレヨンしんちゃん柄や昭和レトロを感じさせる動物柄など、トンチキ感溢れるデザインは見ているだけでも楽しいのです。こちらもプチプラなので遊び感覚で買いやすく、おもしろ土産としてもおすすめです。

家だからこそちょっと派手可愛に、暖かく快適に過ごしたいですね。

余談ですが寒い冬
ホットになる動画を。

最近毎週金曜日の楽しみは「YG보석함(宝石箱)」

BIGBANG、BLACKPINKなどが所属するYG ENTERTAINMENT4年ぶりのボーイズグループデビュープロジェクトです。

YG ENTERTAINMENT所属の29名の練習生たちがデビューを掛けてしのぎを削るサバイバル番組!しかも今回は日本支社であるYG ENTERTAINMENT Japanから日本人練習生7名も参加しているのです。

また、同じくYG ENTERTAINMENTが2013年世に放ったサバイバル番組「WHO IS NEXT」。

11名の練習生がTEAM AとTEAM Bに分かれデビューを掛けた熱いバトルを繰り広げ、勝者は視聴者投票で決定するというもの。WINNER、そしてのちに iKONも輩出した韓国の人気番組です。

ものすごい努力と鍛錬を積み重ねた才能爆発系の韓国の練習生は、見ているだけで生きる活力をもらえるので大好物。

22:00頃からのJYP練習生とのダンスバトル、是非見てみてください。練習生時代のGOT7のメンバーとiKONメンバーのパワフルで躍動感溢れるダンス、最高です。

注釈

※注1
女性が自分より年上の女性を呼ぶときに使う言葉「お姉さん」という意味

※注2
男性が自分より年上の女性を呼ぶときに使う言葉「お姉さん」という意味

 

Written by sali
sali

韓国が好きすぎてフリーランスに。1ヶ月の半分をソウルで過ごす‟韓国ばか”。特に韓国カフェにどっぷりハマり、ソウル釜山大邱チェジュ大田など300軒ほど足繁く通う。なりわいは、韓国コーディネーターと現地ライター。大人が楽しめる韓国情報を届けたいと思っていたりする。

»https://pukapukasoranoue.amebaownd.com/

»この連載の記事を見る