【日本〇〇ブス図鑑】威嚇型/元ヤンブス

【日本〇〇ブス図鑑】威嚇型/元ヤンブス


   累計25万部を突破した「オトナ女子シリーズ」のイラストレーター・つぼゆりさんの連載がスタート!

「ブスが美人に勝るもの、それは推しへの愛」をテーマに、自身のオタク道から導き出した、「好きをこじらせてしまう、ブスの熱量」をアツく語ります!

 

「うるせぇてめぇ殴られてぇのか、ああ?」

001

まずヤンキーとはなんなのか。

グーグル先生によると、日本国内において「周囲を威嚇するような強そうな格好をして、仲間から一目おかれたい」という志向を持つ少年少女を指す俗語らしいです。そうだったのかヤンキー。

可愛いヤンキーっていますよね。可愛いヤンキーはモテる。なんでヤンキーになったのかわからないけど損はそんなに感じない。でもちょっと顔面がアンコウ寄りのヤンキーはモテない。「周囲を威嚇するような強そうな格好をして、仲間から一目おかれたい」けど、足し算で全てを補おうとしすぎて見栄えが悪くなりがちです。

うるせぇてめぇ殴られてぇのか!

002

それは置いておいて、今回取り扱うのは「元ヤン」です。もともとヤンキーだったということは今は更生し、周囲を威嚇することもなければ仲間から一目おかれるために虚言をいうわけでもない。ヤンキー時代の彼女が未来の自分に残したものはズバリ「弱きものを守る力」。

集団で行動し上下関係に厳しいヤンキーは弱者の気持ちがわかる人が多いので弱いものを守ろうとするんですね。気持ちがわかるって一番大事ですよね。「みんな平等よ」だと相手の気持ちを考える思考にならないのではないだろうかと今後の教育が不安になります。ウザい大人みたいな言い回しになってしまった…関係ないですが一昨日キーボードとペンタブにワインをぶちまけてご臨終しました。ずっと一緒に戦ってきた仲間がいなくなって傷心しています。

さて、その「弱き者保護力」は自分にも発動します。ヤンキー女子は一人で悩みを抱え込まずうまく人に話すことができるので(平たく言うと何も考えない)「すっぴんブスなのマジでやだ〜」とか言っちゃうのです。すっぴんに自信がある女子なんてこの文章を読んでないと思うので皆同じ気持ちですよね。(そういう女子は「3秒でできる!きれいだねと言われるまとめ髪」とか「男性の心をくすぐる10の方法」とか読んでます。くすぐるなよ小賢しい!)

そして隣の元ヤン女子と「え〜?あたしこそすっぴんブスだし。◯◯のすっぴんのがマシじゃん」とか言い合うんですね。ポジティブなワールドがうまれるんです。これぞ弱きすっぴんを保護する力。ここまでいくと平気ですっぴんで出歩けます。かっこいいですな。

003

しかもサブカル女子より女子っぽかったり。ダボダボのロング丈とか着てるけどロングヘアだったり、便所サンダル履いてるのにジェルネイルがキラキラだったり、微妙に女子という意識が高かったりするんですよね。

一見マイナスに見えがちなダボダボの服ですが、動きやすいから着るんです。(体型隠しもあるんだろうけど)つまり彼女らは自ら動こうとしている……えらい。確実に強化系か放出系の念能力者です。

それに対してサブカル女子のアイテムと言えば本。全く動く気がない。こちらは完全に操作系。ハンターハンターがまた再開してうれしいですね。

溜め込まない、隠さない、仲間思い。そして活動的で弱者の味方。

ブスらしからぬ素敵なブス=元ヤンブス。

あんたのすっぴん、ウチよりまだマシだかんね

とか元ヤンブスに言われたらその日1日ハッピーですよね。

004

 

Written by tsuboyuri
tsuboyuri

つぼゆり(大坪ゆり)九州・大分県出身。多摩美術大学 情報デザイン卒業。フリーランスのイラストレーターとしてイラストレポや毎日の1コマ漫画など日々ゆるく生存中。自身も2.5次元、K-POPヲタク。

»http://cargocollective.com/tsuboyuri/12977878

»この連載の記事を見る