食いしん坊のファッションライター・arikoさんがかっぱ橋でお買いもの

食いしん坊のファッションライター・arikoさんがかっぱ橋でお買いもの


ご無沙汰しています。

年明け1月26日に発売された「arikoの黒革の便利帖」の制作作業にかかりっきりでずいぶんお休みしてしまいましたが、これからまた更新していきますのでどうぞお付き合いくださいますようお願いいたします。

復活後、ひとつめは料理好きの方にはお馴染みの合羽橋(かっぱ橋)道具街についてお話ししてみたいと思います。

ところは台東区浅草の西側にある松が谷地区、長く延びた大通りの両側に食器具、調理器具、食品サンプル、包材、食品などを扱う専門の問屋さんがずらりと並び、食にまつわるものならなんでも揃うのがこのかっぱ橋道具街。
とくに目標を決めず、いろんなお店を冷やかしながらぶらぶらと街歩きするのがとても楽しいのですが、かならず立ち寄って長い時間を過ごしてしまうのが釜浅商店です。

img_2338

明治41年に創業された老舗で、その名の通り、釜、包丁、南部鉄器、行平鍋、フライパンなどの料理器具を扱っています。古き良きものを大切にしながら、今のキッチンにもしっくり馴染んで実力を発揮してくれる名品良品がシンプルでモダンなインテリアにセンス良く並ぶ様子は他のお店と全く異なります。手に取って眺めているだけでどれも欲しくなってしまうものばかりで、何時間いても飽きることがありません。

ちなみに私が初めて買った鉄製のフライパンはこの釜浅商店のもの。少しずつお手入れしながら育てた結果、今では黒光りする頼もしい相棒に。チキンやポークソテーを作ったり、ステーキを焼いたりと香ばしい焼き色を付けたい料理の時にはこの鉄製のフライパンの出番。ぱりっと香ばしく、美味しく焼き上がります。

八角形の打ち出し鍋もここで。豚しゃぶ、もつ鍋、鶏の水炊きと定番の鍋メニューをお店のように格上げしてくれるのが魅力です。インスタグラムでもどこで買ったのですか?と聞かれることも度々。土鍋と並んで出番の多いお気に入りの卓上鍋になっています。

img_0025

さて久しぶりに訪れた釜浅商店。今回購入したのが、ステンレスの片口。たっぷり入る上、内側には目盛りも付いてとても実用的。出し汁やスープを計るにはもちろん、ドレッシングやタレなどを入れるのにぴったりでひと目で気に入ってしまいました。ステンレスの持つクールな雰囲気はときには食卓でとても新鮮に映るので、片口のオシャレさも相まって即決で購入。

続いてはちょっぴりくたびれてきた盆ざるもサイズ違いで。しっかりとしたステンレス製の下鍋が付いた竹製の蒸籠も使いやすい中サイズを追加。新しい竹製品は青みがかった色合いがとても清潔でいい香りがします。
盆ざるは料理のしたごしらえはもちろん、お昼に茹でたうどんやそばを盛り付けるのにぴったり。鍋料理のときには野菜類をのせてもさまになります。

img_2341

小さめの蒸籠もひとつあるととても便利です。冷凍ごはんやシュウマイなどの点心を温めればほかほかに。野菜をせいろ蒸しにしてそのまま食卓へ。最近気に入っているのはちょっぴり硬くなったパンを蒸して、冷たいバターを付けて食べること。肉まんのようなフカフカの食感とバターの冷たさのコントラストが楽しくてハマっています。

img_2340

大満足の戦利品を抱えて、次に向かったのが通りをはさんで反対側にある飯田屋さん。
こちらは釜浅商店とはある意味真逆のお店。超マニアックな便利道具がところ狭しと並ぶ様子は圧巻。ゆで卵をつるりとむくために穴をあける、きれいに白髪ねぎを作る、千切りキャべツを簡単に作る、とうもろこしの粒をきれいにはずす…etc.

どれも工夫を凝らした発明品みたいな商品の数々は眺めているだけで面白い。
そのなかでも絶対におすすめなのがマイクロプレーン社のグレーター。パルメザンチーズがお店のようにふわふわに、簡単におろすことができます。ニンニクやわさびも無駄なくおろせるのでキッチンに欠かせないアイテムになりました。

img_2339

お手入れしながら長く使いたい道具と便利に使えるおもしろグッズの両方を楽しんだ後は、お腹もすいているはず。
浅草に寄って「本とさや」でがっつり焼き肉を楽しむのもよし、「むつみ」で季節の釜飯を味わうのもよし、ほかにも「ヨシカミ」で昔懐かしの洋食を楽しむのも一興。「亀十」のどらやきや「舟和」の芋ようかん、「ペリカン」の食パンやロールパンなどおみやげももりだくさん。
大荷物になってしまいますが、食にまつわる一日を大満喫できること間違いなしです。

 

*次回は4月9日(月)更新予定です。

 

『arikoの食卓』

 『arikoの食卓 -もっと食べたい-』

『arikoの黒革の便利帖』
ariko%e3%81%ae%e9%bb%92%e9%9d%a9%e3%81%ae%e4%be%bf%e5%88%a9%e5%b8%96%e5%b8%af%e3%81%82%e3%82%8ar

Written by ariko
ariko

CLASSY.、VERY、HERSなどの表紙やファッションページを担当する編集ライター。日々の食卓をポストしているInstagramが、センスあふれる美味しそうな写真と食いしん坊の心を掴む料理で話題に。現在、フォロワー数は98000人を突破。Instagram@ariko418

»https://www.instagram.com/ariko418/

»この連載の記事を見る