牡蠣の季節

牡蠣の季節


冬の訪れとともに大好きな牡蠣の季節がやってきた。11月に入った頃、スーパーの鮮魚コーナーにいつのまにか現れて、気温が下がるごとに美味しくなっていく。和食屋さんやレストランのメニューにも牡蠣の文字が誇らしげに並び、食いしん坊たちの胃袋を刺激する。

牡蠣ならどう食べても美味しいのだが、なかでも目がないのは生牡蠣だ。剥いた殻をベッドに、白いつや肌を見せながらしどけなく横たわったやつにレモンをきゅっと搾って、ちゅるりと吸い込む。エシャロットを加えたワインビネガーやポン酢、カクテルソースもそれぞれ趣が違ってそれぞれに美味しい。生牡蠣にあたってひどい状態になり、大好きなのにそれ以来食べられなくなったという話をよく聞く。食べ過ぎるといつかそうなってしまうかもしれないと思いながら、幸運にもいまだに美味しく食べ続けていられることに感謝している。

牡蠣好きの友人に教えてもらって楽しみに通うようになったのが淡島通りの松見坂にある「ボラーチョ」。『孤独のグルメ』にも登場した昔懐かしいメニューが並ぶ洋食のお店だが、冬季限定で絶品の牡蠣が食べられる。
まずは殻ごとの生牡蠣から。とにかく殻も身も立派でトレイに並んで現れる姿にまず歓声が上がる。よく冷えた新鮮な生牡蠣はレモンだけでも甘さが引き立ち、いくらでも食べられる。3個、4個と食べ進んでも、もっと食べたくなるほど。

追加注文をしようとするところを「他にも美味しい料理がいっぱいあるから」とたしなめられて、しゅんとしながら待っていると、次に登場したのはやはりたっぷりのベシャメルソースを纏ったコキール。オーブンから出したての熱々のコキールは塩気をおさえたミルキーなソースが牡蠣の風味と相まってたまらない美味しさ。よく牡蠣は海のミルクとも呼ばれるけれど、ミルクを使ったホワイトソースとの相性は抜群だ。

ほかにもカリッと揚がったカキフライやパスタなど、この時季の「ボラーチョ」は牡蠣祭り。定番のマッシュルームガーリックや懐かし味のハンバーグやポークソテーなどを挟みつつ、ピラフで締める。深夜まで客足が途絶えることにない人気のお店だけに、予約は必須だ。

カキフライも大好物のひとつ。子どもの頃はぷくっと膨らんだ内臓部分が苦手でなんとかぴろぴろのフリルの部分だけを食べようとしていたが、そんなことが信じられないほど、季節限定のカキフライをメニューに見つけると平常心ではいられない。家でもカキフライを作ることもあるけれど、やっぱりプロが作る揚げたてのやつを食べたい。

カリッと揚がった大粒のやつにタルタルソースとそこにちょこっとたらすウスターソースのダブルがけ。そんなカキフライが食べたくなると足を運ぶのが碑文谷にある「大黒屋」だ。麦とろが名物の美味しい定食が食べられる店。この時季にあるカキフライは定食にしてもよし、他の定食に単品で付けることも可能だ。刻んだ茹で卵がたっぷり入った理想的なタルタルソースとともにちゃんとソースも添えられてくる。おまけにしゃきしゃきの刻みキャベツもたっぷりと添えられて至れり尽くせり。お米屋さんが経営しているから炊きたてごはんの美味しさは言わずもがな。お酒も飲まず、夜10時までこんな真っ当な定食が食べられるお店はとても貴重な存在だ。

西麻布にある「おそばの甲賀」の牡蠣そばも外せないもののひとつ。牡蠣を使ったそばは珍しくないけれど、甲賀の牡蠣そばはひと工夫が素晴らしい。大粒の牡蠣に軽く衣をまとわせて揚げ焼きにしてからつゆそばにのせてある。そのままだと磯臭さが勝ってしまうところを一度揚げ焼きにすることで香ばしさと旨みのある油気がつゆに溶け込んでなんともいえない美味しさに。いつも一滴も残さずに飲み干してしまうほどだ。たっぷり三粒の牡蠣と打ちたてのそばの相性が抜群でこの時季、何度もリピートしている。

最後に毎年自宅で作る牡蠣料理を何品か。
まず大粒の牡蠣を見つけたら必ず作る牡蠣のオイル漬け。元々は料理研究家の若山曜子先生のレシピで、今では目をつぶっていても作れるほどリピートしている牡蠣好きにはこたえられない一品だ。

買ってきた牡蠣は塩水でふり洗いしてから水気を拭き、テフロン加工のフライパンに並べてじっくり加熱していく。牡蠣がプクっと膨らんで、水気が出てきても気長に空入りし続ける。牡蠣から出てきた旨みでフライパンのなかが焦げ付いてくるので、時々火を止めながら牡蠣から水気が出なくなるまでじっくりと。牡蠣15~20粒でオイスターソース小さじ2とバルサミコ大さじ2を合わせたものをまわしかけ、火を止めてよく絡めてから、つぶしたにんにく1片とともに保存容器に入れて牡蠣がかぶるまで太白胡麻油、もしくはサラダオイルを注ぐ。冷蔵庫で2週間ほど保存が可能だが、あまりの美味しさにあっというまになくなってしまう。

ちなみにこの牡蠣のオイル漬けと柿を組み合わせたサラダも絶品だ。皮をむいてスライスした柿とルッコラ、もしくは春菊の葉の部分だけをつまんで合わせ、バルサミコ少々と塩胡椒、オイル漬けのオイル少々で和えるだけ。牡蠣と柿という語呂合わせもおもしろく、なんともしゃれた一品。お酒にも合うし、この時季の持ちよりパーティなどでも喜ばれること間違いなし。

 

 

*次回は1月13日(月)更新予定です。

 

『arikoの食卓』

 『arikoの食卓 -もっと食べたい-』

『arikoの黒革の便利帖』
ariko%e3%81%ae%e9%bb%92%e9%9d%a9%e3%81%ae%e4%be%bf%e5%88%a9%e5%b8%96%e5%b8%af%e3%81%82%e3%82%8ar

Written by ariko
ariko

CLASSY.、VERY、HERSなどの表紙やファッションページを担当する編集ライター。日々の食卓をポストしているInstagramが、センスあふれる美味しそうな写真と食いしん坊の心を掴む料理で話題に。現在、フォロワー数は131,000人を突破。Instagram@ariko418

»https://www.instagram.com/ariko418/

»この連載の記事を見る