ぼくはどうみえる?

ぼくはどうみえる?



老いも介護も、笑い飛ばせ!

認知症を患った義理の父・ひろぽと、
面白がりながら観察していた嫁・いちこの
ちょっと笑えて、心があたたかくなる日々の記録。


どこからどう見ても、間違いなく、お年寄り。
親切にしていただいたのに、すんとして何も答えず
何か考えていると思ったら
自分は年寄りなのか、年寄りに見えるのか、考えていたようだ。

うん、見えるよ!

#席を譲っていただき
#ありがとうございます

\ 書籍化決定! /
『ひろぽと暮らせば』(ワニブックス刊)
2020年11月26日発売決定!

全国の書店、ネット書店にて予約受付中です。
↓Amazonはこちら

*連載はこれで最終回となります。ご愛読ありがとうございました。

Written by 三丁目いちこ
三丁目いちこ

愛知県在住の主婦。認知症を患った義理の父・ひろぽを観察し、記録するのが日課。84歳でひろぽが他界した後は、当時の記録をもとにイラストエッセイを描いている。ひろぽのことを、ただただ面白がっている嫁。 Instagram @3choumeichiko

»この連載の記事を見る