「手帳」や「手紙」を、かわいくデコ! “今すぐ使える”文字&イラストの描き方


みなさん、今年の「手帳」はどんなものを使っていますか――? じつは、家での過ごし方が見直される今、なんと、手書きの「手帳」の売り上げが伸びているのだとか。時間に余裕ができたぶん、毎日の予定も、丁寧にかわいく“手書き”で書けたらステキですよね。お仕事のTO DOが頭で整理されるのはもちろん、学生さんも勉強へのモチベーションが上がること、間違いなし!

YouTubeやSNSでも、イラストや手書き文字の描き方が注目を集め、いろいろなアイデアが盛りだくさん。ここでは、YouTubeで大人気のイラストレーター・しろくまななみんさんに、新刊『ゆるっとかわいいイラストの描き方』から、かわいい文字やイラストが今すぐ描ける“コツ”を伝授していただきます。

今こそ、楽しくカンタンに、手帳やノートをかわいく描けるようになってみませんか?

(撮影:長谷川梓/イラスト:しろくまななみん)

まずは「手帳」「ノート」をデコっちゃおう!

2021年は、はじまったばかり。今年の新しい手帳やノートを、かわいくデコって、毎日の気分を上げちゃいましょう!

たとえば学生さんなら、こんな手帳イメージはいかが?

(撮影:長谷川梓/イラスト:しろくまななみん)

しろくまななみんさん曰く、「まず文字を書いてから、文字にかぶるところをよけてイラストをかく」と、絵が文字の後ろに重なっているように見えることで立体感が出て、上手に描けるのだそう! また、ついつい描き込みたくなるところをグッとこらえて、「かきこみすぎず、シンプル」に仕上げるのもポイントなのだとか。

まずは、いちばんシンプルな3つの記号(星、ハート、おんぷ)をマスターしてみて。一見カンタンな記号でも、ちょっと描き方を変えるだけでバリエーションが広がるんです。さらに、アンダーラインや手軽なイラストを組み合わせれば「手帳マスター」に!

(イラスト:しろくまななみん)

イラスト(日常の予定など)は、こちらを参考にしてみましょう。ポイントは、「イラストが少し物足りないと感じたときは、顔を描き足すこと」。もちろん、表情だけのイラストでもオッケー。どんなイラストもキュートになるので、ぜひ、トライしてみて!

(イラスト:しろくまななみん)

「手紙」「ハガキ」「カード」が、こんなにかわいく!

手近な手帳やノートでカンタンなイラストに慣れてきたら、ぜひ、手紙やハガキ、メッセージカードなどにもチャレンジしてみましょう。シンプルな便箋も思い切って大きなイラストを描くことで、こんなに楽しげに――。結婚式の返信ハガキを華やかにデコって、新郎新婦をアッと言わせてみるのもgood! 祝福の想いが相手により伝わるはずです。

(撮影:長谷川梓/イラスト:しろくまななみん)

そうそう、イラストはもちろん、メッセージの基本は「文字」。書き文字を一工夫することで、手紙やカードが一気にオシャレになるんです。強調したい文字の縁に飾りをつけたり、二重に描いたり……ぜひ、好みのアレンジを見つけてマスターしてみましょう。

(イラスト:しろくまななみん)

時間に余裕がある今だからこそ、手帳や紙に手書きで「書く(描く)」という、豊かな時間を持ちたいもの――。自分だけの手帳やノートからスタートして「もっとたくさん描きたい〜!」と、書き文字&イラストのバリエーションを増やすうちに、あっという間に周囲から「センスいい!」と褒められてしまうかも!?

 

ゆるっとかわいいイラストの描き方 - ボールペン1本で、センスいいってほめられる! –
しろくまななみん(著)

 

しろくまななみん
1995年2月27日生まれ。カラフルで柔らかいテイストが得意なイラストレーター。LINEスタンプやGIF制作、動画配信など幅広く活動している。2020年1月から始めたYouTubeはチャンネル登録者が7万人を突破。初心者でもわかりやすい丁寧な絵の描き方動画やVlogを投稿している。
●Twitter @nnmn_7
●Instagram srkmnnmn
●YouTube しろくまななみん