「ゾゾゾ」&「家賃の安い部屋」長尾さんの“素顔”とは?


みなさんは、YouTubeチャンネル登録者数なんと54万人(注:2021年2月現在)を誇る、大人気ホラーエンタテインメント番組「ゾゾゾ」をご存知ですか? 登場人物(メインパーソナリティの落合、内田、皆口、スペシャルゲストの長尾)それぞれのキャラも濃く、彼らのお笑い芸人真っ青の笑いのセンスと、全国各地の心霊スポットで起こる数々の恐怖現象とのギャップは大きな魅力のひとつ。いわゆる男子校ノリのような部分もあるので、おもわず「私は◯◯さんのファン!」と話題を共有したくなるような女子ウケもバッチリの番組なんです!

そんな「ゾゾゾ」の“サブチャンネル”として、突如としてスタートした「家賃の安い部屋」。じつは女子からの人気も高い「ゾゾゾ」のスペシャルゲスト“しょうちゃん”こと長尾さんをメインパーソナリティに据え、なぜか家賃の安い(事故物件なのかも……?)長尾さんの自宅から放送する、その名も「家賃の安い部屋」は、視聴者から寄せられた心霊写真・映像を紹介するという番組で、長尾さんの濃すぎる(!?)キャラとヴィジュアル、軽快なトークも楽しく、なんと、すでにYouTube登録者数20万人という、「ゾゾゾ」を追随する「おばけ番組」と化しつつあるんです――。また、『読むゾゾゾ』に続き、『家賃の安い部屋 心霊写真BOOK』として書籍化も決定!


家賃の安い部屋 心霊写真BOOK

ということで、番組メインパーソナリティの“しょうちゃん”こと長尾さんの意外な“素顔”に迫るべく、記念すべき初単独インタビューを敢行!
「家賃の安い部屋」長尾さん“初単独インタビュー”のお時間がやって参りました――。

ありがたいのと、恥ずかしいな……と(笑)

――『家賃の安い部屋 心霊写真BOOK』が発売されるとのこと、おめでとうございます!

長尾:ありがとうございます。本のカバー(装丁)もめちゃめちゃカッコいいですよね。ただ、自分の顔が全面に出ているので、本になってありがたいのと、恥ずかしいな……という気持ちもありますね(笑)。このオビの写真は番組の初回(2019年3月)に撮ったものなんです。でも、ファンの方の中にも、この写真が好きだとおっしゃってくださる方がいて、今回はクリアファイル(Amazon限定特典)にもしていただけましたし、喜んでいただけているならよかったなぁと思います。

――以前、落合さん(「ゾゾゾ」メインパーソナリティ)にもメンバーそれぞれの印象について伺ったのですが(NewsCrunch:「ゾゾゾ」の落合さんが語る。“行ってはいけない場所”の裏話)、「家賃の安い部屋」を一緒に作られているディレクター・皆口さんは、長尾さんから見て、どんな印象の方ですか?

長尾:あんまりリアルでは言うことはないんですが……「天才」だなって思いますね。頭の回転が早いですし、思考の流れがスムーズなので、たとえば何気ないフリートークの場面でも、編集したものを観て「だから、こうなる(撮った)のか!」と、あとから思うことがよくあります。トークの最中は「これ、どうやって落ち着くのかな?」なんて思いながら話していることもあるんですが、ふと気づくと、最終的にキレイにスポッとハマるように道筋を作ってくれている。とはいえ、全然どっちらけで終わることもあるんですけど(笑)。

――たしかに、撮影時にはどう編集されるか、わかりませんよね。

長尾:そう、だから「あの会話が、こうキレイにまとまるとは……」と。トークの場面はほんの5分くらいですけど、現場では、下手すると30〜40分くらい、着地点もわからないまま、フワフワ話していることも多いんです。だから、いつもどう調理(編集)されるのか、すごく楽しみです。

――ちなみに、落合さんは以前のインタビューで皆口さんのことを「変な人」とおっしゃっていました(笑)。

長尾:あはは(笑)。やっぱり、紙一重なんでしょうね。普通に会話しているとまっとうな常識人なんですけど、撮影時の発想とかプライベートで遊ぶときとかも面白いです。「こうしよう」「ああしよう」と、いい意味で振り回してくれる。グングンと引っ張ってくれるんですよ。だから、安心して楽しんでいます。今はほぼ撮影のときしか会わないんですけど、以前は買い物に行ったり、飲んだり、ちょこちょこ遊んでいましたね。

――私たちは動画しか観ていないので、お二人が買い物にいくなんて、なかなか想像できません!

長尾:あと最近は「ゾゾゾ」の移動中の車内で『ワードウルフ』っていうゲームをやったりとか。あとは映画の話をしたり、テレビ番組の感想を言い合ったりすることが多いかも……。

1 2