【月の白道に基づくインド占星術「ナクシャトラ」】27分類からみる、あなたの人生の目的は?(第1回)

【月の白道に基づくインド占星術「ナクシャトラ」】27分類からみる、あなたの人生の目的は?(第1回)


ヨガやアーユルヴェーダ、月の満ち欠けなどに関するサイト「Timeless Edition」を運営する、Yukiさんの短期集中連載!
インド占星術における月の星座「ナクシャトラ」について、全3回の記事で紹介します。

 

心の態度がわかる“ナクシャトラ”

西洋占星術でよく見かける12星座が、地球からみた太陽の通り道を12分割しているのに対し、ナクシャトラは地球から見た月の通り道を27分割したインド占星術独特の概念です。「月=心に特化した星座のようなもの」がナクシャトラです。
日々起こる出来事に対してどのように感じるか、どのような態度で接するかなど、自分の心の反応の傾向が詳しく分かります。
この記事では、人生の目的にテーマを絞ってナクシャトラごとに見ていきます。

今回は、27つのナクシャトラのうちの最初の1~9番目のナクシャトラの人生の目的を紹介します。この9つは、「地球で生きることとは何か?」が人生の目的とリンクしています。自分の能力に気づくことや、感情や望みなどのエネルギーの使い方がメインのテーマになっています。

※自分のナクシャトラは、ナクシャトラファインダーから調べることができます。


https://www.timeless-edition.com/archives/38954

 

1 アシュヴィニー

運命の開拓者

アシュヴィニーの語源には、「馬の騎士」という意味があります。馬は欲望の象徴です。そのため、アシュヴィニーのあなたは欲望に支配されるのではなく、本当の自分の望みを知り、自分自身が望みをコントロールしていくことを学んでいく人たちです。
戦士のように、自ら進んで未開拓地を進んでいき、この地球で大切にされている倫理観、責任感、自分の役割を全うすることをこの人生で学びます。
ナクシャトラの一番初めに位置しているアシュヴィニーは、夜明けの神秘の時間帯と関連していて、とてもスピリチュアルな感性を内側に持っています。また、過去世との繋がりがとても強く、過去の人生でやってきたことが今世に何かしら関係していることが多くあります。

 

2 バラーニー 

女性性の使い手

バラーニーのあなたは、「女性的なエネルギー」と強く関係しています。女性性のエネルギーの代表は、生み出すこと、クリエイティビティー。
この地球に生まれてきたら、誰もが必ず死を体験するようになっていますが、バラーニーはその生と死の中にある創造性を、物質的、肉体的に体験することを楽しみに生まれてきています。バラーニーのあなたは、美しいものを作ったり、持ったりすることが好きです。
また、性的な魅力があり、人との性的な関係からも学びがあります。未熟な場合はそれによって問題が引き起こることもありますが、同時にどのように学びに変えていくかも本来分かっているはず。崇高な創造と愛のエネルギーとしての性のエネルギーの使い方を学んだとき、バラーニーのあなたにさらなる尊厳や魅力をもたらしてくれるでしょう。

 

3 クリッティカー

恐れなしのチャレンジャー

クリッティカーのあなたは、挑戦や反対に立ち向かっていく強さがある人で、火の神様や太陽と関わりが強いナクシャトラです。燃え上がる火は、情熱や自分自身の光を象徴し、うまく使えばとても強力なエネルギーとサポートを人生に与えてくれます。
一方で使い方を間違えると、一瞬にしてすべてを焼き尽くしてしまうことも。クリッティカーのあなたの中にある強力なエネルギーを、自分を輝かせる内なる強さや情熱として使うのか、怒りや嫉妬などの感情を爆発させることで使うのか。そうしたエネルギーの使い方を、人生を通じて学んでいきます。
このエネルギーをうまく使えるようになると、どんな逆境にも動じない素晴らしいリーダーになることができます。

1 2 3