ピンポイントで当たる“細かさ”で人気! インド占星術の魅力とは? メディア初登場・Yukiさんインタビュー

ピンポイントで当たる“細かさ”で人気! インド占星術の魅力とは? メディア初登場・Yukiさんインタビュー


新しい時代といわれる、風の時代を生きるための“道しるべ”となるべく、いま注目の占い師やヒーラーに、さまざまな角度からアドバイスをいただく特集「占いのバトン」。

今回は、ヨガやアーユルヴェーダ、月の満ち欠けなどに関する人気サイト「Timeless Edition」を運営するYukiさんが、メディア初登場!

ヨガ、アーユルヴェーダ、ハーブ、スピリチュアルなど、幅広い知識をお持ちのYukiさんが、占いの活動の主軸としている「インド占星術」とはいったいどんな占いなのか、お話いただきました。

 

本場インドで出会った「インド占星術」

――まずは、Yukiさんがインド占星術に興味を持つようになったきっかけについて、お話いただけますでしょうか?

Yuki:もともと趣味でヨガを習っていたのですが、続けていくうちに本質的な部分が知りたくなって。本格的に学ぼうと、3、4年前くらいから、本場であるインドに行き始めたんです。じつはヨガだけでなく(同じくインド発祥の)アーユルヴェーダについても興味があったので、こちらも本場で学びたかったんです。
現地では最初はヨガを3、4ヶ月ほど学び、知り合いに紹介してもらったアーユルヴェーダのドクターについて、どういう治療をしているのか実際に見させていただいたりしました。

――アーユルヴェーダというと、少し特徴的な診療もありますよね?

Yuki:そうなんです。そのドクターは庭でハーブを育てて、そのハーブを実際に鍋でグツグツ煮出したり、薬を作ったりするところからご自分で手がけられていて。とても面白い体験をさせていただきました。

(イメージ:写真AC)

――その時点では、アーユルヴェーダやヨガのインストラクターを目指していらしたんですか?

Yuki:インストラクターになりたかったわけではなくて。ただ、学びを深めていくうちに、ヨガもアーユルヴェーダも、大元に「ヴェーダ」という哲学があるということを知りまして、その本質的な部分をインドで学ぶことになりました。
そのうちに、ヴェーダという哲学において、インド占星術というものが非常に大切な位置付けだということを知ったんです。それまでヨガもアーユルヴェーダも、ただ「楽しい」からやっているという感じだったのですが、インド占星術の存在を知ったことで、「すべては、インド占星術を知るためにやっていたんだ」と思うようになったほど!
とはいえ、ヴェーダという独特の哲学をもとにした、インド占星術を知るためには、ヨガやアーユルヴェーダの細かい知識も必要ですし、実際にとても役立ちました。だから、それまでに学んだすべてに、必然的な流れを感じましたね。

1 2