【更年期のつらい症状に!】自然ぐすりで不調を乗り越える

【更年期のつらい症状に!】自然ぐすりで不調を乗り越える


女性なら誰でも経験するプレ更年期や更年期。
早めに対策をして、症状を軽く、乗り越えていきたいもの。
今回はそんな、更年期に向かう際に有効な自然ぐすりをご紹介します。

20代で若年性更年期障害と診断された植物療法士の南上夕佳さんが、女性が取り組むべき「からだづくり」について教えてくれる連載。
病気を克服し、30代で妊娠・出産・子育てを経験するまでに行っていたことを、体験に基づいてお話しします。


 

なんだか最近イライラする、気分が落ち込みやすくなった、生理の間隔が空いてきたかも?
……そんなお悩みはありませんか?
もしかしたら、プレ更年期、更年期の症状かもしれません。

今回は、女性なら誰しもが経験するであろうプレ更年期や更年期での不調の乗り越え方について、お伝えしたいと思います。


(イメージ/写真AC)

一般的に、35歳から45歳くらいをプレ更年期といいますが、私もまさにこのプレ更年期世代真っ只中です。
不調の出る方や出ない方、症状が重い方、軽い方と、状況は本当に人それぞれ。
プレ更年期は、閉経に向けての準備を始めるタイミングと言われていて、卵子の質や量が低下していきます。そのため、ホルモンバランスが徐々に変化していくことになります。

またこの世代は働き盛りともいえますし、仕事や育児などあらゆる方面でライフステージが変わったりと、ストレスを感じやすいという側面もあり、不調を招きやすくなるのです。

そこで、プレ更年期の不調に関しては、ストレスケアとホルモンバランスのケアを同時にすることをおすすめしています。
以前のコラムでもご紹介していた、「高麗人参」や「シベリアンジンセン」や「マカ」は、ストレスに対する抵抗力を高めてくれる植物で、ストレスからくる精神的や肉体的な不調を予防したり、軽減する効果があります。
このストレスケアだけでも、プレ更年期の対策ができて、快適に過ごせるようになる方もいます。


(イメージ/写真AC)

そこに加えて、ホルモンバランスを整えるためにメリッサを足すのもおすすめです。
女性ホルモンのプロゲステロン作用に似た働きをしてくれるので、ホルモンバランスの調整をしてくれ、プレ更年期の時期に悪化しやすいPMSや月経不順に効果を発揮してくれます。

飲み方としては、朝にこれらのハーブを飲むのが良いでしょう。
夜にこうしたストレスケアのハーブを飲むと、まれに目が冴えてしまうという方もいらっしゃいます。
できるだけ毎日、コツコツと続けていくことで、症状の変化が体感できると思います。

更年期世代(一般的に、45歳~55歳と言われていますが、人によってさまざまです)になったら、プレ更年期のハーブにプラスして「セージ」や「ホップ」、「ブラックコホシュ」を加えます。
特にホットフラッシュや寝汗には「ホップ」を、全体的なエストロゲン不足の症状(例えば、肌や髪、粘膜の潤い不足や、活力低下など)が気になる場合は、「ブラックコホシュ」を取り入れてみてください。

「セージ」、「ホップ」、「ブラックコホシュ」は、いずれも女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。とても大切な成分ではあるのですが、それだけを単体では摂らないよう注意も必要です。
なぜならエストロゲン様作用のある植物は、単体で摂ると女性特有のがんを誘発する恐れがあるとも言われているからです。
必ず、「メリッサ」や「チェストベリー」といった植物性のプロゲステロンの作用を持つ植物と一緒に飲むようにしてください。


(イメージ/写真AC)

もちろん更年期世代の方も、最初にお伝えしたストレスケアのハーブもできる範囲で取り入れると、またさらに体調の変化を感じるはずです。

プレ更年期や更年期は閉経に向けて体の大改革が起こっている時期です。
そこを通過すれば、また素晴らしい女性性が広がります。

体調が悪い、症状があるというときには、1人で思い悩まずに、専門機関への相談や、まずはハーブを試してみる!などして、前向きに向き合っていけたらいいなと思います。

*次回は3月18日配信予定です。

バナーイラスト/いいだあやか
>>https://ayaillustration.amebaownd.com

\好評発売中!/
自然ぐすり生活
著:南上夕佳


Written by 南上夕佳(なんじょう・ゆか)
南上夕佳

植物療法士、ルボア フィトテラピースクール副代表。

ホルモンバランスを崩したことをきっかけに植物療法専門校「ルボア フィトテラピースクール」にてAMPP(フランス植物療法普及医学協会)認定資格を取得。
日本における植物療法の第一人者 森田敦子に師事し、森田と共に啓蒙活動を行いながら、自身の体験を活かし女性のライフステージに合わせた健やかな美しさと幸せをテーマに、数々のセミナーやカウンセリングを行う。確かな知識と、実際の経験に基づいた説得力のある講義は、明解でわかりやすいと定評がある。著者に「自然ぐすり生活 」(小社刊 )。

»この連載の記事を見る