夏の冷たい麵

夏の冷たい麵


――――――――――――――――――――――――――――

美味しいもの、美味しいお店、旅やお買いもの。
食いしん坊のファッションライター・arikoさんが紹介する
暮らしを楽しくするヒント。

――――――――――――――――――――――――――――

 

夏休み真っ最中、厳しい暑さが続いておりますが、みなさまいかがお過ごしですか?

猛暑が続くこの時期のお昼によく食べているのが冷たい麺。夏に欠かせないそうめんから始まり、うどん、蕎麦、中華麺にパスタと麺という麺を冷たいアレンジで食べている。具だくさんにすれば麺だけでも食べごたえがあるし、栄養もたっぷり。
今回は我が家の冷たい麺についてお話ししてみたいと思う。

img_0576

まず冷蔵庫に常備しているのが市販の冷やし中華。甘酸っぱい酢醤油味はシンプルに胡瓜と蒸し鶏で。夏に旬を迎える胡瓜のシャキッとした歯触りが冷たい麺によく合う。胡麻だれ味にはそこにトマトとパクチーも加えて和え麺に。途中で食べるラー油をひとたらしすると辛みの深みが増してますます美味しくなる。
冷やし中華を作るときに必ずしていることがある。茹で上げて冷水で締めた麺に少量の胡麻油と塩で下味をつけている。そうしておくと味がぼやけず、美味しく食べられる。冷たい麺に余分な水気は禁物。びちゃびちゃでは美味しさが半減してしまう。
麺の熱を取ったら、氷水でシャキッと麺を締めてザルに上げたあと、ペーパータオルで包んでしっかりと水気を切る。こうするとたれの味がしっかり麺にからんで美味しくなるのだ。

img_7756

続いて和の麺を。
まずそうめん。家族で食卓を囲むときには大鉢にざっくりと盛って、おかずをいろいろ。その時々で内容は変わるけれど、必ず用意しているのが茄子を胡麻油でじっくり焼いてから粗塩をぱらりと振って味をつけたものとシュウマイ、そこにもずく酢と合わせたトマトを加えたセットは不動のメンバー。余裕があればここにニラ玉や鶏の天ぷらが加わる。
さっと食べたいときにはもずく酢トマトと麺つゆを合わせて薬味をたっぷり添えて。麺つゆの甘辛さに酸っぱさが加わって食欲のないときにもさっぱりと食べられる。

img_1085

うどんや蕎麦のときによくするのが冷やかけ。薄切りにしたすだちを一面に並べたすだち蕎麦やうどんは見るだけですっと汗が引いていくような涼しげな佇まいだし、湯むきしてからだし汁に浸した丸のままのトマトをトッピングしたトマトうどんは冷たい出汁をたっぷり含んだトマトが爽やか。

肝心のかけつゆは自動販売機で売っているボトル入りのだしというのが面白くて買ってみた二反田醤油の「だし道楽」を水で割っただけ。以前は自分で作っていたけれど、焼きあごと昆布がボトルに入った結構衝撃的なビジュアルの濃縮だしは冷水で割っただけとは思えないほど深い味わいで、それ以来すっかり手抜きで美味しさを楽しんでいる。

img_0135

冷製パスタも家族に人気の高いメニュー。カットしたトマトとツナのコンビ(バルサミコとオリーブオイルに少量のにんにくを加える)かツナの代わりに桃と合わせた冷製パスタも夏ならではの味わいだ。ほんのちょっぴり加えたホワイトバルサミコとオリーブオイルが桃の甘さを引き立ててくれる。生ハムやモッツァレラチーズを加えればさらに豪華で満足度の高い一品に。こちらも水気は禁物だから、ペーパータオルでしっかりと水気を取ってからソースで和えるのがお約束。

img_1525

最後にお店で出している冷たい麺のおすすめをいくつか。

中目黒のはずれにある鶏舎の冷やし葱そば。恵比寿駅近くのすずらんのトマトの冷麺。恵比寿マサズキッチンの甘くて辛くて濃厚な冷やし担々麺。蕎麦は西麻布の交差点近くにある甲賀の冷やしすだち蕎麦、麻布十番にある更科堀井の冷やしもずく蕎麦。麻布十番ヴィノ・ヒラタのトマトと蟹の冷製パスタ、ピアットスズキの甘エビのタルタルを乗せた冷製パスタなど、上げたらきりがない。

img_0992

どこも絶品なので実際に足を運んで、味わってみてほしい。

 

*次回は9月11日(月)更新予定です。

 

『arikoの食卓』

 『arikoの食卓 -もっと食べたい-』

Written by ariko
ariko

CLASSY.、VERY、HERSなどの表紙やファッションページを担当する編集ライター。日々の食卓をポストしているInstagramが、センスあふれる美味しそうな写真と食いしん坊の心を掴む料理で話題に。現在、フォロワー数は98000人を突破。Instagram@ariko418

»https://www.instagram.com/ariko418/

»この連載の記事を見る