はじめての「野草ハンター」

はじめての「野草ハンター」


これは、モノを手放し、身も心も身軽になったミニマリストが、
「やりたいこと」に挑戦していくお話。

ぼくは明日死んでしまうかもしれない。
だから「やりたいことはやった」という手応えをいつも持っていたい。

いざ、心の思うままに。

※野草に関して注意事項がありますので、ぜひ最後までお読みください

———————————————————————————————————

未来をそこで止めてしまうという背徳と、生命の神秘への敬虔。

そんな気持ちをないまぜにしつつ、これからが伸び盛りの若い芽に手をかける。

 

俺は、たんぽぽを摘んでいた。

 

「わぁーい、綿毛ふわふわなのぉ」

と春の陽気で頭のネジが緩んでしまったわけではない。

 

花を部屋に飾るためでもない。
そう、食べるために摘むのだ。

 

「たんぽぽ茶」というものがあることは知っていたが、たんぽぽが食べられると知ったのはごく最近で、かなりの衝撃を受けた。

 

以前、雑草を食べるために育てている青年と出会ったことがある。当然だが、自然界には雑草とそれ以外を隔てる概念はない。食べられるが傷みが早かったりして、市場には出回りづらかったりする。そうやって単に、人間に使われやすいかどうかで植物は「雑草」と呼ばれ、軽んじられることになる。

 

買うのではなく、自然界から直接食べ物を得ることに憧れがあった。かといって、素人が見分けづらい野草にいきなり手を出すのは危険でもある。たんぽぽなら、見分けやすく手始めに最適なはずだ。

 

いざ、たんぽぽ(らしきもの)を摘む

 

俺は簡単な準備をした。

 

Processed with Rookie Cam

「スーパーの袋」&「レザーマンのナイフ」

 

Processed with Rookie Cam

「ククク、よぉーく切れるこいつで……ひとおもいに楽にしてやる」

ナイフを持つと、自分の中2病がぶり返してくるのはどうしてだろう?(結局使わなかった)

 

 

俺が住んでいるのは京都の田舎なので、近所にも自然が豊かにある。家のすぐそばで、たんぽぽを摘むことにした。

たんぽぽ(らしきもの)はすぐに見つかった。

 

Processed with Rookie Cam

 

……なんか枯れ葉なのか、虫なのかよくわからないものがたくさんついてる……ま、まぁ洗えば大丈夫だろう。

 

まわりを見渡すと、不安になるぐらいたくさん生えている……。

 

Processed with Rookie Cam

 

「今までたんぽぽだと思っていたものが、たんぽぽでなかったらどうする?」
と突如不安が頭をもたげてくる。見るだけなら、

 

「たんぽぽだね! それより昨日のガッキーがさぁ〜」

 

と軽く断定して流せるが、今回は食べるのだ。

 

「今摘んでいるこれが、「タンポポモドキ(猛毒)」とかだったらどうする? そういえば、毛も生えすぎている気がする。葉っぱの形もなんか違くないか? これは……本当に俺の知っているたんぽぽなのか?

 

俺は「世にも奇妙な物語 春の特別編」のような世界に足を踏み込みはじめていた。
しかし頭を振って、疑念を振り払う。新たな挑戦にリスクはつきものなのだ。

 

Processed with Rookie Cam

 

念のため、まだ柔らかい葉を中心に、ものの数分で収穫!!

Processed with Rookie Cam

水にさらして、入念に洗うと綺麗な葉っぱだけになった。

おひたしという手もあるが、初回はぜひ生で食べてみたい。

マヨネーズとマスタードで和えるというネットで見つけたレシピで、いざ試食!!

 

Processed with Rookie Cam

Instagramをやっていたら

#花が好き #春が来て嬉しい #ディジョンマスタード 

などのハッシュタグをつけて載っけただろうおしゃれなサラダ!!

 

はじめての野草の味

 

一口噛んだ瞬間に、舌の上でさきほどまでいた草原が再生される。

「あ、自分さっきまで光合成してたんで」

 

という、生命の躍動感。そして野草らしい荒々しい繊維質は、歯ごたえがある。たとえるなら野草は誇り高き狼、スーパーの野菜は飼いならされたかわいいチワワなのだ。チワワかわいい。

 

「なんという野趣に満ちた味、士郎……やるようになったな」

 

と俺の中の海原雄山が言った。

 

葉っぱの荒々しい柔毛は、ブラシのように俺の口腔内から、食道、そして内臓までもクリーニングしてくれるような気がした。多少クセはあるが、苦味とマヨネーズがベストマッチ。正直に「うまい」と思った。いける!

気を良くした俺は、すぐさま別の雑草にも手を出した。

Processed with Rookie Cam

「カラスノエンドウ」

スナップエンドウを小さくしたような豆がつく植物。

ごま油で炒め、塩でシンプルに頂く。

Processed with Rookie Cam

これも大変うまかった。

 

野草から俺が得たもの

 

買ってきた野草図鑑を眺めて、食べられる野草を少しずつ覚えていく。そうして俺は少しずつ、今まで名前も知らなかった食べられる雑草を覚えていった。当然だが、なんの変哲もない道端にもそれはよく生えている。

 

俺は野草たちを前に、個性的な生徒たちを抱えた金八先生のような気分になっている。扱いやすいだけの優等生でなく、たとえアクがあっても問題児のほうがおもしろかったりするのだ。

 

食べられる野草は身近なところに、本当にたくさんある。そういうことに気がついていくと、ありふれた景色から別のレイヤーが生成されるのを感じた。気にもとめていなかった道端の雑草が『孤独のグルメ』よろしく、突然「おかず」として立ち上がってくるのだ。

 

お金をかけなくても、見る目があれば食べ物は手に入れられる。
土さえあれば、もう俺は春に飢えることはない。その自信を元手に、確かな自分の成長を感じた。

 

その自信はこれを書きながら、見事に打ち砕かれた。先に書いた「タンポポモドキ」ってあるのかな、と思って検索したら本当にあった。俺が食べた大部分は、実はモロにそれだったようだ。どうりで、なんか花が長いわけだぜ!!

 

名前は「ブタナ」。豚がよく好んで食べることから、フランスでは「豚のサラダ」と呼ばれているらしい。とくに体調も悪くならなかったが(みなさんはご注意ください)、はじめて食べた野草が「豚のサラダ」とは。

 

 

Processed with Rookie Cam

#豚のサラダ

 

しかし、よく考える前に行動できたのだ、これからのリターンは大きい。
俺は0円で、これからもっとたくさん、自然界から直接食べ物を得ていくだろう。

 

 

【野草ハンター心得】
・野草の中にはもちろん毒草もあり、リスクもあるので見分け方には最大限の注意を
・河原や、街の中の雑草にはペットのおしっこや、農薬がまかれていることもあるそうなので注意
・たんぽぽとタンポポモドキ(ブタナ)はよく似ている。

Written by sasaki fumio
sasaki fumio

作家/編集者/ミニマリスト 1979年生まれ。香川県出身。出版社3社を経てフリーに。2014年クリエイティブディレクターの沼畑直樹とともに、『Minimal&Ism』を開設。初の著書『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(小社刊)は、国内16万部突破、22ヶ国語に翻訳される。新刊「ぼくたちは習慣で、できている。」が発売中。

»http://minimalism.jp/

»この連載の記事を見る