常連のお客様が毎回お決まりのセリフを言ってくるのはなぜか

常連のお客様が毎回お決まりのセリフを言ってくるのはなぜか


ゆとりフリーターの「ぬるい哲学」みんな違って、みんな草


「みんな違って、みんないい」の精神で育てられ、
経験至上主義な大人、自由すぎる価値観を持った年下、
年が近いはずなのに分かり合えない同年代に囲まれても
「ふっ(笑)」とあしらうだけのぬるい地獄に浸ってます。

そんな環境でも日々を生き抜くため模索中の
「ゆとりフリーター」が綴る、ぬるい哲学と
想像以上にしんどい!人間図鑑


どうもゆとりフリーターです。
高校を卒業してから主に飲食、販売などのサービス業のアルバイトを中心にやって来ました。
数々のアルバイトを渡り歩いてきて不思議に思ったことがあります。
それは「常連さん」という存在についてです。

私は、常連さんでも様々なタイプに分かれていると思っていて
毎回決まった時間に必ずやってくるルーティーンタイプ、毎回決まった料理だけ注文するタイプ、そして「毎回お決まりのセリフを言ってくるタイプ」

はて、お決まりのセリフ??
とお思いのことかもしれません。

日課がある人なら時間ルーティーン・固定注文タイプの二つは想像しやすいと思います。
私も、毎朝の散歩の道中でいつも使う自動販売機でいつものボスカフェオレを365日買っているのもありのこれらの気持ちはかなり理解できている方だと思っています。

一方でこの「毎回お決まりのセリフを言ってくる」タイプはどうでしょうか。
“お決まりのセリフ”といっても「おはようございますこんにちは」のような不動の挨拶シリーズようなセリフのことではありません。

私が言っているのは、返事に困る・なんと返したら良いのか分からない、こちらが少しヒヤッとするようなセリフを言ってくるタイプのことです。

例えば「今日も冷てぇなぁ」→資料1へ
「ここにあるのは全部観た」→資料2へ

など、お店によっても様々ですが、どれも一瞬クレーム?と思うセリフが多い傾向にあると私は感じています。

お店を支えてくれる常連さんの存在はありがたい。
それでも毎度心臓がキュッとし「今の返しで正解だったのかな…?」と気を揉んでしまうかよわい店員の気持ちも少しは理解しておくれと私は思ってしまうのです。
いや。でも待てよ、

理解してもらいたい時は、こちらが相手を理解できていない時だ!!

はい! というわけで今回は「常連のお客様が毎回お決まりのセリフを言ってくるのはなぜか」哲学してきます。
まずは、私の過去の事例を資料に考えていきましょう。

資料1「今日も冷てぇなぁ」

19才のころスポーツクラブでアルバイトをしていた時のこと。

私の務めていたクラブは大きい施設でプールの設備があり、安全を守るためのプール監視役の業務が仕事の一つとしてありました。
そこのプールにはご年配の常連さんが多くいました。
毎朝10時開店と同時に入店、速攻ロッカーで着替え、10時5分にはプールにログインされる皆々様。通っていくうちに仲良くなるのでしょう。仲良しの常連さん同士が集団となって歩行プールを占拠されるのはうちのクラブでのあるある風景でした。

そして、そのご年配の集団、他称「ご年配ズ」一のお調子者キャラのジイさんAが紛れもなくその「毎回お決まりのセリフを言ってくるタイプ」でした。

冬のある日、ジイさんAから「おい、いつもより冷てぇぞ!」と、歩行プールの温度がいつもより2度ほど低くなってしまっていることのご指摘を受けました。焦った私は、監視役の業務でこの場から離れられないのもあり、平謝りしながら施設内電話で別のスタッフに温度管理の対応をしてもらいました。
常連さんはプールの温度も身体で記憶してくださっている。申し訳ない気持ちでその日を終えました。

しかし、その日を境に、ご年配ズのジイさんAがプールに足先をつける度に「今日も冷てぇなぁ」とこちらに届く程度の独り言を言うようになったのです。
クスクスするご年配ズを尻目に焦る私。

初めは、以前のこともあったので「すみません!」と脊髄反射で謝り同様の対応をしていたのですが、確認をすると「いや、いつもと温度一緒だけどな…」とスタッフ。
2、3回繰り返されるうちにやがてこれがイヤミor冗談で言っているものだと気が付きました。

それからというもの、毎日「今日も冷てぇなぁ」と言われハハハと答えるしかない私の態度も冷たくなっていったのは想像に難くない。
一度のミスを許さない執念なのか、それともコミュニケーションの一つなのか…。

ご年配ズのみんなはジイさんAの「今日も冷てぇなぁ」に喜んでいるように見えたけど実際どうだったんだろう。

1 2
Written by yutori_freeter
ゆとりフリーター

1995年生まれの高卒フリーター、音声配信者。21歳の頃、実家の押し入れから音声配信活動を開始。
配信中の番組『ゆとりは笑ってバズりたい』ではバズるにはどうしたら良いか試行錯誤している。現在の番組フォロワー数は3万人。
JAPAN PODCAST AWARDS 2020 ベストパーソナリティ賞ノミネート。
Radiotalk番組
『ゆとりは笑ってバズりたい』
https://radiotalk.jp/program/1877

Twitter:@yutori_radio_ 

Instagram:@yutori_radio_

»この連載の記事を見る