ゆとりフリーター流『ちょうど良いポジションを得るためのバイト作法クイズ』

ゆとりフリーター流『ちょうど良いポジションを得るためのバイト作法クイズ』


ゆとりフリーターの「ぬるい哲学」みんな違って、みんな草


「みんな違って、みんないい」の精神で育てられ、
経験至上主義な大人、自由すぎる価値観を持った年下、
年が近いはずなのに分かり合えない同年代に囲まれても
「ふっ(笑)」とあしらうだけのぬるい地獄に浸ってます。

そんな環境でも日々を生き抜くため模索中の
「ゆとりフリーター」が綴る、ぬるい哲学と
想像以上にしんどい!人間図鑑


どうも! フリーター歴9年目アルバイト転職数15回の「ゆとりフリーター」です。
私は昔から人と話をすることが好きでアパレル店員、ラーメン屋、スポーツクラブ……など一般のお客様を相手にする接客業を中心に経験して来ました。

そんな私ですが実は先日、三年ほど働いたレンタルビデオ店を辞めてまいりました!
これからは「ゆとりフリーター」としてポッドキャストを中心とした活動に力を入れていくという、これまでの転職とはまるっきり話の違う決断をし、人生の舵を大きく切ることに強い覚悟を持って過ごしております。

とはいっても、やはり居心地の良かったレンタルビデオ店。
困ったことがあれば助けてもらい、逆に助けることもでき、面倒な仕事を押し付けられすぎず、ほどよく信頼され、束の間の雑談で和み、シフト希望日も意の向くまま……。

一生このままこのぬるま湯に浸かっていたい、いや骨を埋めても良い…っ!!とまで思えるほど、最高にちょうどよい状態で働くことができていました。
このちょうど良いぬるま湯に出会えたのはもちろん第一に御縁があったからだと思っています。

しかしもう一つ、私には確信していることがあるのです。
そう、それは…

私は、自分がぬるく働けるためのポジションを確立するために!
独自のバイト作法を生み出し!! あらゆる努力を惜しまなかった!!!
ぬるくあれるためなら何でもやる! この適温は努力の賜物でもあるのである! と。

はい。ということで、今回はいつものぬるい哲学とは趣向を変えて、
これからバイトデビューされる方向けに、ゆとりフリーター流『ちょうど良いポジションを得るためのバイト作法クイズ』をしていきます!

ぬるく働くためには特に働き始めが一番肝心という持論をもとに、バイトに入ってまだ数日の間に起きがちな場面から出題していきます。
場面ごとに適切な行動は何かを考え、ゆとりフリーター流のちょうど良いアルバイト生活を体験または参考にしてみてください。
それでは行きましょう!

 

case01.まだ慣れないバイト先で、挨拶したかどうか忘れてしまった職場の人を見かけたらどうしますか?

職場の人の顔と名前が覚えられない時期。
一度だけ会ったことあるかもしれないし、今初めて同じ空間にいるかもしれない。

可能であれば過去のシフト表で被ったことがあるか確認してから臨みたいところではありますが、もうすでに目の前にその人がおり、相手もこちらの様子に気がついている状況。
あなたならどうしますか?

A. 「はじめまして、ですよね…?」と恐る恐る話しかけに行く

B. すでに挨拶をしていたら失礼なので何もしない

C. 会釈をする

 

ベターな行動は……

A.「はじめまして、ですよね…?」と恐る恐る話しかけに行く

当たり前じゃん!と思われた方はさすがです。
実はこれ経験談で、とあるバイト先で私が働き始めて何か月か経った後に、先輩にゆとりさんは初日でわざわざ挨拶しに来てくれたもんね~と時間差で評価され、うわーやっといて良かったあの時の私グッジョブ…ということがあったからなんです。

入りたての頃ってこっちはスタッフの顔と名前覚えるので精一杯なんですけど、迎え入れる側は新人一人の顔と名前、さすがにインプットされてるわけで。しっかり記憶されている場合が多いので初対面の挨拶は抜かりなくやるのが吉!おまけでその後、挨拶イベントを逃した新人が入ると再評価で好感度ボーナスも上昇!

いや本当に、初対面において、この当たり前をいかに当たり前のこととしてできるかって大事!!
また「多分もう挨拶したはず」の可能性の方が高そうであればこのような応用テクニックもオススメです。

 

応用 挨拶の0.5秒前に、本筋の話題(仮)を用意する

いきなりはじめましてを言って間違えていた場合のリスクを考慮して、「先に業務の質問をするていで話しかけている」というのを装いましょう。
「これってどこに置いて…あっ、初めまして、ですよね…?」
と、メインの質問があることにより、相手の反応を0コンマ何秒探ることができます。
これで万が一、すでに挨拶済みの人だったとしてもメイン質問への回答が残っているので気まずさも軽減できます。

ちなみに中堅アルバイターの私でもいまだに使っている手法です。
出勤のタイミングによっては忙しくて話しかけることができないこともあるので、「今更ですが」な時間差挨拶として活用できます。

1 2
Written by yutori_freeter
ゆとりフリーター

1995年生まれの高卒フリーター、音声配信者。21歳の頃、実家の押し入れから音声配信活動を開始。
配信中の番組『ゆとりは笑ってバズりたい』ではバズるにはどうしたら良いか試行錯誤している。現在の番組フォロワー数は3万人。
JAPAN PODCAST AWARDS 2020 ベストパーソナリティ賞ノミネート。
Radiotalk番組『ゆとりは笑ってバズりたい』:https://radiotalk.jp/program/1877
Twitter:@yutori_radio_ 
Instagram:@yutori_radio_

»この連載の記事を見る