【春のメンタル不調】健康意識が高まる漢方コラム:穀雨(4/20頃)の過ごしかた

【春のメンタル不調】健康意識が高まる漢方コラム:穀雨(4/20頃)の過ごしかた


人気の漢方専門家・櫻井大典先生に、季節「二十四節気」に合わせた中医学について学ぶ、心と身体のための「かんぽう歳時記」。

中医学は「季節の養生」と言われるほど“こよみ”を大切にしています。
そこで、この二十四節気ごとに、おすすめの食材(パワーフード)や養生法などを、たっぷりとご紹介!

数千年という歴史に裏づけられた、中医学の“知恵”を学びながら、日本の美しい四季おりおりを、もっと元気に、もっとたのしく、過ごしてみませんか――?

第21回は、「穀雨(4/20頃)」です。

 

「穀雨」って、どんな季節なの?

やわらかな春の雨が田畑をうるおし、まさに“恵みの雨”となる頃を指す「穀雨」は、春の終わりを告げる節気となります。

(イメージ:写真AC)

この時期は、新しい環境を迎えて張りつめていた心と身体が、ストレス、寝不足、呼吸の乱れ、胃腸トラブルなどの不調に見舞われやすいとき。「ひたすら眠い」「とにかく疲れる」という人も多いことでしょう――。この頃は「調和肝脾(ちょうわかんぴ)」といい、春に活発に働く「肝」と、胃腸の働きを司る「脾」の働きを良くすることが重要なポイントに。不摂生は避け、胃腸を整えることが“養生”のポイントとなります。

(※)「五行論」に基づく、「肝、心、脾、肺、腎」の5つを「五臓」といいます。いわゆる「五臓六腑」の五臓にあたり、肝は春、心は夏、脾は長夏(梅雨)、肺は秋、腎は冬に活発に動くとされています。

 

「穀雨」のパワーフードは?

「穀雨」の頃におすすめの食材(パワーフード)は、ズバリ、「鱸」(スズキ)
平性1の鱸は中国でもよく食べられる食材のひとつで、この時期にいたわりたい「肝」を養い、胃腸を整え、血(けつ)を補ってくれる「調和肝脾」にピッタリの食材です。

(イメージ:写真AC)

そこで、3~5月に旬を迎える「新玉ねぎ」と一緒に、ホイル焼きにしてみてはいかが?
新玉ねぎは、吐き気や胃の不快感などを改善し血をめぐらせるので、この時期に出やすいゲップや、頭痛、肩こりを緩和してくれますよ。

また、ぜひ柑橘系を摂ってほしいこの頃、特におすすめなのは、「文旦(ブンタン)」
寒性の文旦は、ストレスからくる胃腸トラブルを治し、咳を鎮め、イライラや落ち込みやすさなどのメンタル面もカバーしてくれます。ストレスを受けやすい春の時期には、ぜひ文旦と覚えておきましょう。爽やかな酸味と甘味※2で、気分をリフレッシュしてくださいね!

(※1)「五行論」に基づく、食べ物が持つ5つの性質「寒、涼、温、熱、平」を、「五性(五気)」といいます。その食べ物を食べたときに、体内で身体を温めるか、冷ますか、あるいは寒熱のかたよりが起こらないかによって分類され、いずれにも属さず、かたよりのないものが「平性」となります。

(※2)「五行論」に基づく、「酸、苦、甘、辛、鹹(しょっぱい味)」の5つを「五味」といいます。もともとは味そのものを指す言葉でしたが、現在では食材が持つ効能によって分類されています。

 

「穀雨」の頃の、心と身体の状態は?

春の終わりにあたるこの時期は、「肝」の疲れが溜まり不調が出やすいとき。冒頭で触れたストレス性の胃腸トラブルに加え、イライラ、情緒不安定、不眠、身体のだるさなどに見舞われる人が多い頃でしょう。

また、「肝」が弱ると「胆」も弱るため、いわゆる「胆力」がなくなります。「胆力」がなくなると、ズバッと何かを決める“決断力”が低下するので、新しいことにチャレンジしたいのに一歩が踏み出せない、気後れする、なぜかビクビクしてしまうといった症状も……。

では、どのような過ごし方(養生)をすればよいのでしょうか――?

 

「穀雨」の過ごしかた(養生)は?

春に多いストレス性の症状に見舞われたら、とにかくリラックスして、心身ともに“ゆるめる”ことがポイントになります。

寝不足の人は睡眠をたっぷり確保してほしいのですが、なかなか生活スタイルが崩せないという人におすすめなのが、お風呂タイムの活用です。湯船に浸かり、思わず「はあ〜」と声の出た経験のある人は多いはず。中医学的には、あの「はあ〜」というタイミングにこそ、気と血が身体中をめぐっていると考えます。つまり、心からリラックスしているというわけですね。

あるいは、手軽な“レンチン蒸しタオル”も効果的。濡らして軽く絞ったタオルをレンジで温め、目の上や首の後ろに当ててみてください。きっと「はあ〜」と、心身ともにゆるむことでしょう。この「はあ〜」をひとつの目安(=キーワード)として捉えることで、「自分が何をしたらリラックスできるのか」……より明確になるはずですよ。

 

「穀雨」の中医学的・たのしみごと

4月初頭の「晴明(せいめい)」から、この「穀雨」にかけては、一年を通じて、もっとも新緑の美しい時期。そこで、みずみずしい新緑のシャワーを浴びに、大きな公園や森など、“木”に囲まれた場所に、足を運んでみてはいかがでしょう?

(イメージ:写真AC)

五行でいうと、春の「肝」は五行の木を表します。つまり、この時期に“木”の多い場所に身を置くことは、そういった観点からもラッキーアクションと言えるんですよ。

新緑を楽しみつつ、じっくりと、木を眺めてみてください。あらゆる方向に、のびのびと枝葉を伸ばす様子は、この時期に私たち人間が“そうありたい”姿そのもの! 思わず「はあ〜」と、声が出てしまう人も多いかもしれません。

 

リラックスすること、ゆるめること。そう聞くと、「ヨガ?」「ジムでストレッチ!?」と考える人もいるでしょう。しかし、そこまで気合を入れる必要はありません。それどころか、頑張りすぎは逆効果になることも……。そこで、ご提案したお風呂や蒸しタオルのほかにも、あたたかい日差しのなか公園でランチを食べたり、コーヒーやお茶で一息つくのはいかが? くれぐれも窮屈に考えず、身近な「はあ〜」を探してみてくださいね!

*次回は「立夏の過ごしかた」5月4日(水)更新予定です。

構成・文/国実マヤコ
バナーイラスト/Sunny


Written by sakurai_daisuke
櫻井大典

アメリカ・カリフォルニア州立大学で心理学や代替医療を学び、帰国後、イスクラ中医薬研修塾で中医学を学ぶ。中国・首都医科大学附属北京中医医院や雲南省中医医院での研修を修了し、国際中医専門員A級資格取得。日本中医薬研究会に所属し、同志と共に定期的に漢方セミナーを開催。中医学の振興に努めている。
SNSにて日々発信される優しくわかりやすい養生情報は、これまでの漢方のイメージを払拭し、老若男女を問わず新たな漢方ユーザーを増やしている。
主な著書に『こころとからだに効く! 櫻井大典先生のゆるゆる漢方生活』、『こころの不調に効く! 気楽に、気うつ消し』(ともにワニブックス)、『まいにち漢方 体と心をいたわる365のコツ』(ナツメ社)、『つぶやき養生』(幻冬舎)、『漢方的おうち健診』(学研プラス)ほか多数。
Twitter: @PandaKanpo
Instagram: @pandakanpo
HP:https://yurukampo.jp/

»この連載の記事を見る