【ペルー日記】「いいね」が飛び交うスペイン語

【ペルー日記】「いいね」が飛び交うスペイン語



人生初の中南米一人旅の真っ最中に、新型コロナウイルスが蔓延。
国境は封鎖され、飛行機はキャンセルになり、異国の地でのロックダウン生活。
街中がパニック、一人心細く、早く帰国したいと願う毎日……になるかと思いきや、
彼女は「いっそのこと、ここに住もう!」と決め、ペルーで生活を始めた。

ペルーで暮らして、早3年。
現地からお届けする、予想外で刺激的な日々。


 

ペルーで暮らすようになってから、独学でスペイン語を学んでいる。本当は学校に通い、文法を理解して生身の人と会話して学びたかったのだけれど、コロナ禍で学校もやっていないような状況だったので仕方ない。
南米では想像以上に英語が通じず、コロナに疾患して病院に行ったときに少しも話せないとまずいと思い、暇だったので「Duolingo」という語学学習アプリを使って勉強を始めた。独り言を繰り返して毎日せっせと勉強し、楽しみながら続けてもう3年目になる。
このアプリ、デザインがよくて、無料で使えるところもいい。好きなのは例文でLGBTQの設定が普通に出てくるところ。例えば「ミユキの元カノに会って気まずい」といった具合に、だ。

英語を頑張ってきた私にとっては、スペイン語は英語と同じ単語も多く、馴染みやすい言語だ。勉強したけどほとんど話せないオランダ語と同じ単語もあり、何事も無駄なことはなかったように感じる。


△グラフィックデザイナーという仕事柄、素敵なタイポグラフィーを追ってしまう。Restaurantは英語も同じ。

習熟度が上がるにつれて、Spotifyで流れてくるスペイン語の広告が何を言っているのか、なんとなく聞き取れるようになった。次第に街で目にする単語の意味もわかるようになり、いい眼鏡に切り替えたかのような、解像度が上がった生活に感動した。

△DEPOSITO、FOTO、Medicoなど、英語に近い単語は意味も予測できる。

スペイン語で「おはよう」は「Buenos Dias(ブエノス ディアス)」という。単語だけを直訳すると、「Buenos = いいね」「Dias = 日」で「いい日だね」となり、英語の「Good Morning=いい朝だね」と同じニュアンスで、笑顔で交わす言葉だ。
一方で日本の朝は、無表情で「おはようございます」。朝という時間帯を説明するだけに過ぎず、何もポジティブなメッセージがないように感じる。調べると、元々は「お早くから、ご苦労様でございます」という、ねぎらいの意味が込められているらしいのだが。

「こんにちは」は「Buenas Tardes = よい午後ですね」。日本語の「こんにちは」を調べると「今日は、ご機嫌いかがですか」の略であるらしいけど、今では単なる「今日は」という、これも状況説明だ。
「こんばんは」は「Buenas noches=よい夜ですね」という意味で情緒がある。方や日本語の「こんばんは」はというと、「今晩」がどうかしたの? といったところ。
スペインでよく聞くのはもっと簡略化した言い方で、「Buenas」のみでの挨拶。つまり、一日中街には「いいね」が溢れているのだ。


△クスコでよく見かける台形が元なったような書体。


△クスコ アメリカ美術館の素敵な看板。

他言語を学んで改めて思ったのは、日本語は想像させる言語だということ。
夏目漱石の「月が綺麗ですね」のような、奥ゆかしい表現があるのも面白い。「お疲れ様です」のような、日本語にしかないような気遣いも多く、繊細な国民性を表している。
スペイン語の「Buenas」のようにポジティブなイメージを受ける挨拶ではないけれど、日本語には日本語の、また違ったよさがあることに気が付けた。

 

今月のスペイン語

*次回は2月2日(金)更新予定です。

イラスト・写真/ミユキ


Written by ミユキ
ミユキ

旅するグラフィックデザイナー、イラストレーター
広島出身、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒、在学中よりフリーランスとして広告、ロゴ、エディトリアルデザインなどを手掛ける。
ロンドンに2年間の語学留学、オランダ・セントヨースト・マスターグラフィック卒業後、個人事業主ビザを取得しアムステルダムに12年居住。
ヨーロッパ全域を含む訪れた国は50カ国以上、旅先では美術と食を軸に、ダイビングや運転もする。
主な作品:ギリシャ・クレタ島の大壁画、ハイネケン Open Your World、モンスターズインク・コラボイラスト、豊島復興デザイン等、15年前からのリモートワークで、世界のあらゆる場所で制作。
HP:http://miyuki-okada.com
X(旧Twitter):@curucuruinc
Instagram:@curucuruinc

»この連載の記事を見る