【前編】「若きカリスマヒーラー」として注目を集めるyujiさんって、一体どういう人?

【前編】「若きカリスマヒーラー」として注目を集めるyujiさんって、一体どういう人?


 

———————————————-
BOOKOUTジャーナルとは
 
知られざる想いを知る―。
いまいちばん会いたい人に、
いちばん聞きたいことを聞く、
ヒューマンインタビュー。
———————————————-

 

口コミだけで評判が広まり、現在は鑑定予約が1,500人待ち。9月25日には幻冬舎より初の著書本『めくるだけ聖地巡礼 PowerBook 星の巡礼 カミーノ編』が発売。「若きカリスマヒーラー」としてにわかに注目を集めるyujiさんって、一体どういう人? ご本人のこと、悩みを解決するヒント……などなど、気になること、全部お聞きしました!

 bookout_2
撮影:yuji

PCのHTMLコードを書き換えるように、
クライアントの情報を読み解くセッション

—現在、ウェブマガジンで星占いの連載も好調なyujiさん。
ということは、セッションでは主に、占いをなさるのですか?

「占術という技法は使いますが、厳密には占い師ではないですね。当てる・当てないではなく、上にいる人にアクセスをして、その内容をクライアントにお伝えするだけなので」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

—yujiさんいわく、「自分は、“ひとり審神者(さにわ)”のようなもの」。審神者とは、古代の神道の祭祀において神託を受け、人々に伝える役職のこと。

「かつては巫女さんが神を降ろす媒体となり、審神者がその神、神託が本物かどうかを確かめる役割をしていました。現代社会において、その役割をひとりで行っているという意味で、僕の職能はひとり審神者に近いのかなと思っています。ちょっと、手をいいでしょうか(と、こちらの手の上に自らの手をかざす)。ピリピリするとか、温かいとか、何かわかりますか?」

—あ、今何か、なでられたような感覚がありました!

「はい。昔から特異体質というか、自分の手からオーラとはちがう、別の波長が出ているのはわかっていたんです。いわゆるSuicaのような非接触体リーダー機能が手に備わっているので、それを使ってクライアントの情報を読み取っていきます。さらに生年月日などから個人チャートをつくり、上からのメッセージと照らし合わせて精査をとる、というのが僕の鑑定の方法ですね」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

—yujiさんのいう「上」というのは、いわゆる御神託のことですか?

「そう、僕は “上司”と呼んでいますが(笑)。セッションについては、いわゆるPCのHTMLコードをイメージしていただくと、もっとわかりやすいかもしれませんね。みなさんが通常見ているのは、ビジュアル化されたPCの画面ですが、ホームページのソースを開くと、意味の分からない文字列がたくさん出てきます。

そこをちょっといじると、見えるビジュアルがガラッと変わるというのがwebサイトのしくみ。つまり、この目に見えているビジュアルが現実世界で、裏にあるコードが目に見えない領域の世界と思ってください。僕はそこにアクセスして、クライアントのお悩みの原因になっているコードを観て、必要に応じて書き換えるわけです。すると病気や怪我、運命的なものがクククッと変わっていく。

たとえば実際にセッションしたクライアントでいうと、猫が潜在的に怖い、という方がいました。猫を見るだけで吐き気がするほど、怖いと。それは前世からのトラウマで、山猫に食われたとか、攻撃されたという、強烈な苦しみの体験記憶に由来しているんですね。でも頭の中のコードを書き換えた結果、もう猫を見ても大丈夫になりました。あと、お酒を飲むと暴言を吐いたり、散財したりしまうという人もいました。その方もセッションでソースコードを書き換えた結果、お酒を受け付けない体になりました」

1 2 3