朝ごはんの楽しみ

朝ごはんの楽しみ


先日、ある雑誌から「朝の習慣」についてのアンケートを受けた。息子が大きくなるに従って、朝の習慣もずいぶんと変わってきたように思う。
息子が高校生の時代までは、お弁当が必要だったので毎朝6時起きでお弁当を作って、そのおかずの残りを朝食のおかずにして慌ただしく過ごすのが常だった。大学進学を機に息子が家を出てからは、独身時代に戻って、自分のためだけに使える時間になった。とはいえ、雑誌の編集という不規則なタイムスケジュールで夜更かしすることも多く、寝不足のまま、ぼーっと起きること度々。歳をとるに従って踏ん張りが効かないようになってきたような気がする(こんなことだとチコちゃんにしかられちゃう?)。

そんな感じだから、朝はのんびり穏やかに目を覚ましたい。忙しい時にはシャワーで済ますが、時間があればエプソムソルトを入れたお湯に浸かって、小説でもエッセイでも一章か二章読んでいるあいだに徐々に身体の細胞が起きていく。

お風呂に入る前には水分補給も忘れずに。最近では冷たい水ではなく、やわらかなお白湯を飲んでいるという人が多いと聞くが、私は目にも鮮やかなグリーンのマルベリーティーを一杯飲むことにしている。お湯はもちろん、水でもお湯と同じようにすぐに抽出できるのがとても便利だ。

高松にある老舗のお茶屋さんの西森園が作っているマルベリーティーはさぬきの豊かな自然のなか自生している桑の葉を摘んで、緑茶と同じように蒸して手揉みしてから干しているのできれいなグリーンで飲み口もまろやかでとてもさっぱりしているので朝にぴったり。これからの季節はレモンフレーバーを少量の水で濃く出してから、炭酸水で割ったものが爽やかで気に入っている。
香りのいい朝のコーヒーにも憧れるが、いかんせん、私には強すぎる。穏やかな味わいでノンカフェインなところも気に入っているところのひとつだ。

マルベリーティーを飲んでからの朝食なのだが、最近はフルーツとヨーグルトで済ませることが多い。晩ごはんが遅いこともあり、朝はあまり食欲が沸かないのと、ランチを美味しく食べたいというもくろみからフルーツぐらいがちょうどいい。
その代わり食べ方にはひと工夫。今ならデコポンや清見、最近よく見るグレープフルーツよりも柔らかな酸味のメローゴールドなどの柑橘系、百花繚乱のいちごなど、旬のフルーツに水切りヨーグルトのように濃厚なギリシャヨーグルトを合わせて、上質なオリーブオイルを回しかけたら粗塩と黒胡椒をがりりと。あればざくろの実を散らすとぱりぱりとした食感も楽しい。塩味で食べることでフルーツの甘味が引き立ち、サラダ感覚になってとても美味しい。

桃の季節にはヨーグルトの代わりにまろやかなマスカルポーネにすることも。その場合にはホワイトバルサミコをたらすとコクが加わってこれも美味しい。パイナップルにはヨーグルトとメイプルシロップがよく合う。朝のフルーツは金という格言を信じているので食後感も軽くとても調子がいい、ような気がする(笑)。

普段は朝フルーツだけで済ますことが多いが、ゆっくりと時間がある時には朝昼兼用でボリュームのあるものを作る。
ハムとチーズのグリルサンドやツナマヨとスライスしたアボカドにチーズをのせて焼いたツナアボカドのツナメルトトーストなどを作るのだが、ハムチーズメルトはパンにマヨネーズを薄く塗ってからハムと溶ろけるチーズをはさみ、バターをたっぷり溶かしたフライパンで鍋底などで押さえながら両面じっくり焼くことで香ばしく焼き上がるのでおすすめしたい。

気が向けばホイップクリームやバターとメイプルシロップたっぷりのフレンチトーストやパンケーキ、トーストにピーナッツクリームとバナナをはさみ、そこにカリカリベーコンまで添えた禁断のエルビスサンド!などのアメリカンな一品を。
この時ばかりはカロリーなど気にしないで満喫する、のもたまにはいいかなと…。

お腹に優しいブランチにしたい時には中華風のお粥や台湾の朝の名物、温めた豆乳スープ、シシェントウジャンがいい。

もちろん炊きたての白米に焼き魚と卵焼き、だしの香り豊かなおみおつけという純日本風のあさげにも憧れるが、それはお気に入りの旅館に泊まった日のお楽しみにしている。

*次回は5月13日(月)更新予定です。

 

『arikoの食卓』

 『arikoの食卓 -もっと食べたい-』

『arikoの黒革の便利帖』
ariko%e3%81%ae%e9%bb%92%e9%9d%a9%e3%81%ae%e4%be%bf%e5%88%a9%e5%b8%96%e5%b8%af%e3%81%82%e3%82%8ar

Written by ariko
ariko

CLASSY.、VERY、HERSなどの表紙やファッションページを担当する編集ライター。日々の食卓をポストしているInstagramが、センスあふれる美味しそうな写真と食いしん坊の心を掴む料理で話題に。現在、フォロワー数は98000人を突破。Instagram@ariko418

»https://www.instagram.com/ariko418/

»この連載の記事を見る