TVやSNSで大人気&入手困難の“もちもちフィギュア”が自分で作れちゃう! 『もちもちあざらしくんの作り方』の本が出た!


うしひとさん(Twitter @ushihito)が作る、まるでつきたてのおもちのような、もちもちふわふわの動物フィギュア。

なかでも、愛らしいあざらしのフィギュアがSNSで話題となり、通販で販売したところテレビにも取り上げられ(!)、今や、入手困難なほどの人気となっています。
そんな「もちもちあざらしくん」が、なんと、あなたのおうちで作れる本『もちもちあざらしくんの作り方』が発売されたんです!

本書では、豊富なプロセス写真とオリジナルのシリコン型がついており、だれでも簡単に、大人気の「もちもち動物たち」を作ることができます。

どんな動物がつくれるの? 難しいの!?

ふろくのシリコン型では「あざらし」「ねこ」「くま」の3種類を作ることができるようになっていますが、材料となる人肌のゲルに着色したり、表面のペイントを変えることで、9種類の動物たちを作ることができちゃいます。また、工夫次第で、あなただけのオリジナル動物を作ることも……。まさに、バリエーションは無限大!

もちもち動物作りに欠かせない基本の材料(※詳細は書籍p10-11に掲載)を準備したら、まずは、人気ナンバーワンの基本動物「あざらしくん」で、基本の作り方をマスターしましょう!

材料となるゲルの計量から着色まで、丁寧に、わかりやすくレシピを紹介していますので、どなたでも簡単にフィギュアをつくることができるようになっています。「手先が不器用なんだけど……」なんて心配はご無用! 大人と一緒であれば、小学生でも、簡単にもちもち動物が作れちゃいますよ。

日常生活で使えるあざらしくんも!

水まんじゅうやパンのようなおいしそうなフィギュア、それからメモスタンドやマグネットにできる固めのフィギュア……。本書では、見た目の可愛さもさることながら、実際に“使える”アイテムの作り方も紹介しています。基本の作り方をマスターしたら、アレンジにも挑戦してみませんか?

そして、実際に“使える”アイテムには、こんなものがあります!

キーホルダーやメモスタンドになったり……。

マグネットになったり!

もちもち動物たちは、かわいいだけじゃないんです!

おうちやデスクに飾ってみよう!

もちもち動物をたくさん作ったら、どう飾るかも楽しみのひとつ! 本書では、飾り方のアイデアも、たくさん掲載しています。

また、こんなアレンジの提案も!

実際に作ってみると、その日の湿度などによって、やわらかさに個体差が出たり、ペイントの具合でいろいろな表情の子ができたりと、1匹として“まったく同じ”にならないのも、楽しいポイント! ちょっとだけ形がいびつな子だったとしても、かならず愛着が湧くはずです。仕事のデスクに置いて癒されるも良し、これからの夏休みに、親子でワイワイ作るのもよし――。
ぜひ、あなただけの1匹を作ってみてくださいね!

うしひと ushihito
会社員として働きながら、もちもちの動物フィギュアを作っている。SNSで発信したあざらしくんが話題となり、通販で販売したところテレビ放送もされ、入手困難なほどの人気に。フィギュアの動物たちはゆるくてのんびりした雰囲気になるよう心がけている。
Twitter @ushihito