【占星術研究家・芳垣宗久×サツキメイ】 占星術で読み解く、今“激動の時代”のテーマ(前編)

【占星術研究家・芳垣宗久×サツキメイ】 占星術で読み解く、今“激動の時代”のテーマ(前編)


BOOKOUTでのインタビュー記事が好評だった占星術師・サツキメイさん。
そんなサツキさんと、サツキさんの先輩であり、占星術研究家の芳垣宗久(よしがきむねひさ)さんとの対談が実現! 前後編の特別短期連載としてお届けします。

2021年後半から、来年2022年にかけての運勢についてはもちろん、今、激動の時代を生きる私たちがどう生きていくべきか――心がフッとラクになるアドバイスをいただきました。

前編となる今回は、お二人の出会いのきっかけについて、さらに、今の時代を占星術的の視点から読み解いていただきました。

 

お二人の、出会いのきっかけは……?

――まずは、お二人の出会いについてお話いただけますか? 

サツキメイさん(以下、サツキさん): 芳垣先生が2007年に出版された『愛の小惑星占星術』(説話社刊)という本があるのですが、その内容がとても素晴らしくて。そこで、一読者としてメールで感想をお送りしたのがきっかけです。その後、仕事の集まりなどで、直接お会いする機会にも恵まれました。

――なるほど、最初は一読者でいらしたんですね。実際にお会いして、先生の印象はいかがでしたか?

サツキさん:占星術界ではトップレベルの知識をお持ちですし、とても知的でスタイリッシュな方なので、最初のうちはすごく緊張していたんです。ただ、直接お話をすると、とても感じが良くて楽しい方で。そこから親しくさせて頂くようになりました。

芳垣宗久さん(以下、芳垣さん):ありがとうございます。今回こういう形でご一緒できて嬉しく思っています。

――芳垣さんは、四半世紀ほど占星術の第一線にいらっしゃるわけですが、そもそも占星術をはじめるきっかけは何だったのでしょう?

芳垣さん:中学生の頃からタロットや星占い、手相などにハマって友人を占ったりしていたのですが、転機となったのは、オーストラリアでの経験ですね。というのも、20代の頃に一つのチャレンジとしてオーストラリアに1年滞在したのですが、このとき、あろうことか所持金を8万円しか持っていかなかったので、文字通り、路頭に迷いそうになってしまったんです(笑)。
そこで、占いのスキルを活かして稼ごうと思い立ち、現地でタロット占いを始めたんです。それでうまくいって日本に帰って来られたので、これはもうプロを目指そうと。その後、どっぷりと占星術の世界に入って、数年後には完全にプロとして活動できるようになりました。

1 2 3