【「沸騰ワード10」公式レシピ】“伝説の家政婦”志麻さん、ふたたび!


“予約がとれない伝説の家政婦”として有名な志麻さんが、さまざまな芸能人のリクエストに応える人気テレビ番組・日本テレビ系「沸騰ワード10」――。
多くの芸能人の期待を上回る料理を提供し続ける志麻さんのとっておきレシピのなかから、とくに反響の多かったレシピを一挙大公開するのは、待望の公式レシピ本第2弾『伝説の家政婦 沸騰ワード10レシピ2』!!

藤岡弘、さん、SHELLYさん、冨永愛さん、大原櫻子さん、玉井詩織さん、哀川翔さん、門脇麦さん、DAIGOさん、坂東龍汰さん……! ここでは、そんな錚々たる面々をうならせた、志麻さんオリジナルの“簡単”&“驚き”のレシピを特別にご紹介しちゃいます。
芸能人たちが愛してやまないレシピを、ぜひ、おうちで堪能あれ♪

 

おせち作りのリベンジ! 絶品&簡単「だし巻き卵」

おせちのだし巻き卵がなかなかうまく作れなかった……。そんな人にぜひリベンジしてほしいのが、なんと「ラップで巻いて形を整えるだけ」で完成する、これまでの固定概念を覆すおいしさの、志麻さん流・だし巻き卵!

ももいろクローバーZの玉井詩織さん曰く「ジュワッと美味しい!」「飲み物だよっていうくらい出汁が出てきました」というほどの一品。この簡単&美味しいレシピは、「志麻ワザ」がキラリと光るとっておきのレシピなんです。ふわふわの生地から出汁がしみ出す絶品だし巻き卵を、どうぞ!

材料(作りやすい分量)

卵…3個
だしパック…1個
みりん・塩など…お好みで
サラダ油…適量

作り方

1. 鍋に水100㎖(分量外)とだしパックを中火で熱し、だしを取る。お好みでみりん、塩などを足す。
POINT だしパックによって味が異なるので好みの味に調整すること。

2. ボウルに卵を溶き入れ、粗熱が取れただし汁を混ぜ、ざるでこす。

3. フライパンにサラダ油を強火で熱し、卵液の⅓量を流し入れる。軽くかき混ぜながら、半熟状になったらフライパンの端に寄せる。

4. 油はひかずに空いたスペースに卵液の⅓量を流し入れ、スクランブルエッグを作る要領で半熟状にする。

5. 同様に、残りの卵液も焼く。

6. ラップの上に⑤をのせ筒状に巻く。さらにアルミホイルで巻き30分ほど冷ます。


▲半熟状態のままラップにのせ、しっかり円柱状に巻く。
そのまま時間をおくと、きれいな形のだし巻き卵に仕上がる。

7. 食べやすい大きさに切り、器に盛る。

\ここが志麻ワザ!/
卵液をこすひと手間で、硬めの白身の断片やカラザを取り除くことができ、滑らかな舌触りに仕上がる。

 

ラクラクおもてなし! 可愛い「冷奴のケーキ仕立て」

モデルの冨永愛さんを「すごい、美味しいという言葉しか出てこないです」と唸らせたのは“切ってのせる”だけで完成する、まるでデザートのように華やかな、冷奴のケーキ仕立て! 塩とオイルでいただくこの洋風冷奴は、プチ新年会など、ちょっとしたおもてなしにもピッタリの一品。「可愛い!」「美味しそう!」という声が聞こえてきますよ。

材料(2人分)

絹ごし豆腐…1パック(150ℊ)
きゅうり…⅓本
アボカド…¼個
イチジク…1個(皮付き)
ミニトマト…2個
ミント(葉)…適量
粉チーズ…適量
塩・こしょう…適量
オリーブ油…適量

作り方

1. きゅうり、アボカド、イチジク、ミニトマトは2㎝角に切る。
POINT 酸味があるフルーツならオレンジやキウイ、イチゴなども可。その時期の旬のフルーツを。

2. 豆腐は三角形に切り、器に盛る。強めに塩をふり、上に①をのせる。

3. オリーブ油を全体に回しかけ、こしょうをふる。ミントを飾り、粉チーズをふる。

 

 

疲れた胃腸をいたわる! 仰天レシピ「豆腐の炊き込みご飯」

胃腸にもやさしい豆腐の炊き込みご飯は、年末年始に暴飲暴食が続いたこの時期にうってつけの一品。それにしても、豆腐で炊き込むなんて、さすがの志麻ワザですね。タレントのDAIGOさんも「0.5秒でうまい、まじで!」と賛辞をおくった、驚きのレシピです。

材料(2人分)

絹ごし豆腐…1パック(150ℊ)
米…1合
しょうゆ…適量
薬味———————————–
みょうが…1個
青ねぎ…2本
大葉…3枚
—————————————-

作り方

1. 炊飯器にといだ米と豆腐を入れ 、普通の水加減で炊く。

2. みょうがは縦に半分に切ってから細切りに、青ねぎは小口切りに、大葉は縦4等分にしてから細切りにする。

3. 炊き上がったら豆腐を粗くほぐし、ご飯に混ぜる。

4. 器に盛り、薬味をのせしょうゆを回しかける。

 

“ハッとするほど美味しくなる”ワザとコツはもちろん、5分で完成するスピード前菜、誰でも簡単にできる本格スイーツまで、志麻さんのテクニックが盛り沢山の一冊を、ぜひ、公式レシピ本第1弾『伝説の家政婦 沸騰ワード10レシピ』とあわせてチェックしてみてくださいね!

 

\1月7日(金)発売!/
伝説の家政婦 沸騰ワード10レシピ2

\公式レシピ本第1弾/
伝説の家政婦 沸騰ワード10レシピ

タサン志麻
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業。ミシュランの三ツ星レストランでの研修を経て帰国。老舗フレンチレストランなどに15年勤務。2015年にフリーランスの家政婦として独立。各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び「予約がとれない伝説の家政婦」としてメディアから注目される。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でその仕事ぶりが放映され、年間最高視聴率を記録。料理イベント・セミナーの講師や、食品メーカーのレシピ開発など多方面で活動中。