ミニマリストに影響をうけた営業マンが仕事机を片付けました。


昨年の発売以降、大反響を呼んでいる『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』。
発行部数は16万部を超え、著者で弊社編集者でもある佐々木も、100社以上のメディアに取り上げられるなど、一躍トキの人となりました。

そんな中、弊社 ぼくモノ営業担当・櫻井が、ミニマリズムに影響を受け、憧れを持ち始めた。
という根も葉もないウワサをキャッチ。発売されたのは2015年6月なので、タイミングとしてはかなり遅いものの、「ミニマリスト的な思考で会社の机を片付けてみた」ようなので、取材してみました。

 

Before

B_001

B_002

・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

B_003

・・・・・・・・・・・・・・・・。

B_005

B_004

 悲しい光景ですね。

紙という紙が溢れだしています。
空き巣でも入ったのかと思うほど。
一体ここで何があったのでしょうか…。

忘年会の景品だというiPhoneケースも放置され、一層物悲しくみえます。
そしてなぜか夏でもないのにうちわが。
まだ夏の思い出を引きずっているんですね。

これでは夢を持つどころか仕事もままならないはず。
本人はどう思っているのか、聞いてみました。

 

tokuchan 
櫻井:「・・・・・・・・・・・。」

 

1 2