【ひとり旅】ひとりだから行きたくなる、全国の美術館

【ひとり旅】ひとりだから行きたくなる、全国の美術館



誰かと行く旅もいい。
でもなんだか今は、ひとりで旅がしたい。
おひとりプロデューサー・まろさんによる街ガイド&お楽しみごとエッセイ。


ひとり時間を提案するメディア「おひとりさま。」を運営している、おひとりプロデューサーのまろです。
連載の第3回目は、「ひとりだから行きたくなる、全国の美術館」をお届けします。

※掲載している情報は、2024年6月現在のものです。店舗情報は変更となる場合がございます。旅行の際は、事前にご確認ください。

 

ひとり旅で美術館がいい理由

私がひとり旅をするようになって、おそらく最初のマイブームが“旅先の美術館に行くこと”でした。
私は決してアートに詳しい方ではないのですが、美術館という空間そのものが好きで。特に地方の美術館は、建築の設計を含めてその土地らしさを魅力的に引き出しているので、その場にいるだけで土地の風情を味わえるのです。



しかも、ひとりだからこそ、五感でその空間をじっくり味わえるし、自分のペースで気ままに楽しめる。まさにひとり旅向きのスポットだなと思っています。

アートを鑑賞するだけでなく、併設のカフェでひとり時間をゆったり過ごすなんていうのもアリ。そして、美術館のスタッフさんはとても親切で、ものすごい知識量と熱量で教えていただけるのも個人的には楽しみの1つだったりします。
最近はひとり旅で行き先が決まったら、まず「〇〇(地名) 美術館」とその土地の美術館を検索するほど、私のひとり旅には欠かせない目的。今回は、特にお気に入りの3つの美術館をご紹介します。

 

ひとりで味わいたい、美しい雪景色の“作品”「青森県立美術館」

青森県青森市に位置する「青森県立美術館」。
建築を手掛けた青木淳氏は、私の好きな建築家の方で、実はずっと行きたいと思っていました。

そんな折、仕事で青森に行く機会があり、念願叶って足を運ぶことができました。

訪れた時期はちょうど冬で、美術館がすっぽりと雪に覆われていて。タクシーを降りて、この光景を目にした時、吸い込まれそうになるほどうっとり。時間を忘れてしばらくその場に佇んでしまいました。

美術館の中に入ると、大きな窓から降り積もる雪を眺めることができて、どこを切り取っても“絵画”のよう。作品を鑑賞する合間に、青森らしい美しい雪景色を堪能しました。

もちろん展示作品も素晴らしく、マルク・シャガール氏による舞台背景画の大作4点や、青森県出身の奈良美智氏「あおもり犬」など、ひとりだからこそ、普段より時間をかけてじっくり鑑賞できた気がします。

中でも私が胸を打たれたのが、奈良美智氏の「Miss Forest /森の子」。屋外スペースに展示されているのですが、静寂な空気に包まれてしんしんと降り注ぐ雪と、“森の精”が見事に調和していて、思わず涙してしまいました。こんな風に作品と対峙できるのは、ひとり旅ならではかもしれません。

四季折々、様々な表情を見せてくれそうな美術館ですが、私はやっぱりまた冬を目がけて行きたいなと思っています。

青森県立美術館

〒038-0021
青森県青森市安田字近野185
TEL:017-783-3000
休館日:毎月第2、第4月曜日 (この日が祝日の場合は、その翌日)、年末年始
Instagram:@aomorikenbi
公式HP:https://www.aomori-museum.jp/

美術館巡りの続きは次のページへ!


1 2
Written by まろ
まろ

「ひとり時間の過ごし方」を提案する、おひとりプロデューサー。Instagramでメディア『おひとりさま。』(@ohitorigram)を運営。中でも、ひとりホテルに関するコンテンツが人気となり、原案で『おひとりさまホテル』(マキヒロチ作、新潮社)として漫画化。初の著書となる『おひとりホテルガイド』(朝日新聞出版社)が6/7(金)に発売予定。
Instagram:@ohitorigram
note:https://note.com/ohitorigram
X(旧Twitter):@ohitoritter

»この連載の記事を見る