【作ってみた!】たった2つの材料でクッキーが作れる!? 「魔法のてぬきおやつ」で、親子でおいしく楽しいひとときを。


ふだん、食事を作ることすらままならぬ“ズボラの底辺”に君臨する母親が、「手作りおやつ」などというキラキラとしたものを作ることがあるだろうか……否!!
というわけで、主にインスタなどに生息する「ママなのに可愛くメイクをしていて部屋もキレイで、し、しかも料理の腕まで? それ、デパ地下で買ってきたデザートなんでしょう? そうでしょう!!」と、思わず詰め寄りたくなるような素敵ママとは、確実に一線を画している私。

ある日、そんな私をよく知る編集部員が、「あ。Kさんでも確実に作れるおやつレシピの本が出ますよ。どうです? ちょうど今週末は雨みたいですし、お子さんと一緒に作ってみませんか?」と、手がけたばかりの一冊を私のデスクに置いていった。
「ねえねえ、Mさん、私のこと知っているよね? これ、挑戦? 挑戦なの!?」
思わせぶりな笑みを浮かべながら去りゆく担当編集Mさんの背中にじっとりと視線を這わせつつ、目の前の本を見やると、『材料2つから作れる! 魔法のてぬきおやつ』とあるではないか……。しかも、あまりの簡単さ、美味しさでチャンネル登録者数26万人を超える、話題のYouTubeチャンネルの書籍化だという。

「魔法? てぬき? 26万人? ウソ、材料2つ!?」。踊り文句に、確実に背中を押された単純な私は、そそくさとカバンに本をしまい、なにかと体力を持て余しがちな4歳男児との雨の日の過ごしかた対策の一貫として、数万年ぶりに、「手作りおやつ」を作ることを、決心した。

買い足す材料の少なさに驚愕!

予報通り、土曜日の天気は雨。しかも雪までチラついている。想定通り「つまらない~!」「どこか行きたい~!」と手足をばたつかせる4歳男児。時は満ちた……。「ねえ、ママとおやつ作らない?」。やってTRY!
まず驚いたのは、買い足す材料の少ないこと! ズボラな私でも、クッキーなど作ろうものなら、あれこれと材料が必要なことくらい知っている。しかし、4歳男児が「これ、つくりたあい!」と指さした『ザクザク食感! 焼きチョコ風クッキー』の材料は、なんとチョコレートと薄力粉の2品のみ! 薄力粉は冷蔵庫にあるし、チョコレートは、甘いもの好きな夫が戸棚に隠し持っていることを、私は知っている……。
「これなら、もう一品イケるッ!」
心の中でそうつぶやいた私は、本をパラパラとめくり、思わず目をむいた「そのままフローズンヨーグルト」に白羽の矢をたてた。「洗い物はスプーンだけ!」というキャッチのついたこのレシピ。失敗したら主婦廃業してもいいかもしれない……。
ちなみに、こちらのレシピの材料も、プレーンヨーグルトと砂糖と牛乳の3品のみ。冷蔵庫をあさると、ズボラ主婦らしく賞味期限切れのヨーグルトが出てきたので、買い足すのは、なんとヨーグルトのみ、ということに。

ザクザク食感! 焼きチョコ風クッキー

さて、コンビニでヨーグルトだけ買って帰宅すると、さっそくおやつ作りスタート!
まずは、『ザクザク食感! 焼きチョコ風クッキー』から。耐熱ボウルにチョコレートを割り入れ溶かし、薄力粉を入れて混ぜる。もちろん、混ぜるのは力を持て余した4歳男児だ! 楽しそうにふんふんと鼻歌をまじえつつ、やや乱暴に混ぜ続ける4歳男児。「ねえ、そこまで混ぜなくてもいいんじゃない? もっとゆっくり混ぜて」と言うと、「キカイデス」。「え? なんて言ったの?」「キカイデス、キカイデス!!」

このとき4歳男児は、チョコレートと薄力粉を混ぜるハンドミキサー(機械)になり切っていた……。そう、常に想像の斜め上をいくのが、4歳男児である。
「そっか、キミは機械だったのか。がんばって」。そして、キカイがようやく動作を止めると、私は彼が混ぜてくれたクッキーのタネをラップで包んで棒状にし、冷蔵庫で冷やす。
取り出したタネを切り、クッキングシートに並べようとすると、また4歳男児が「キカイデス!」と言いながら、器用にクッキングシートに並べていった……。キカイ、意外に使えます!

そのままフローズンヨーグルト

キカイが並べてくれたクッキーをオーブンで焼く15分のあいだに、「そのままフローズンヨーグルト」を作ることに。作ると言っても、混ぜるだけなのだが……。わたしがヨーグルトの中に砂糖と牛乳を入れると、ふたたびキカイの出番だ!

「キカイデス、キカイデス」と念仏のように唱えながら、かき混ぜる息子を眺めること数分(※本来は、数分も混ぜなくて大丈夫です!)。「キカイさん、もうオッケーですから! そのヨーグルトを冷凍庫にいれてください!」

魔法のように出来上がった「てぬきおやつ」!

おやつ作りがスタートして、なんと30分ほど……。あっという間に、本当に魔法のごとく、一品目が出来上がった!

子どもと一緒に作ったので見た目は不格好だが、本当に材料2品のみで立派なクッキーが出来上がったことに、私は心から感動した。しかも、味も食感も本格的! 材料2品ということに「本当に大丈夫なのだろうか?」と少々疑いの目をもっていたが、逆に素材の味がしっかりと感じられるということは、嬉しい発見だった。ザクザクとした食感も楽しく、このクッキーは子どもと私の二人であっという間に平らげてしまった。

これはリピート確定!

次に、冷凍庫に入れたフローズンヨーグルト。レシピでは「冷凍庫で2時間ほど冷やす」とあるものの、4歳男児が2時間も待てるはずがなく……。いたしかたなく、1時間も待たずに取り出して、かき混ぜついでに“味見”をすることに。

まだほとんど固まっていないので、写真では普通のヨーグルトにしか見えないが……、すこし口に入れてみると、この時点ですでに美味しい! 4歳男児もすっかりご機嫌だ。まさかヨーグルトに数さじの牛乳と砂糖を加えるだけで、これほど立派なデザートになるとは。 口がサッパリするので、カレーライスを食べた後などに、ぴったりかもしれない。リピート確定!

ちなみに、念のために「普通のみなさんが作るとこうなります!」という写真とレシピも掲載しておこう。

“ズボラの底辺”に君臨する私と4歳男児でも、これほどクオリティの高い「おやつ作り」がここまで簡単にできるとは……。なにより、“簡単”を謳ったレシピ本は数多くあれど、本当にここまで“簡単”にできるレシピに出会ったのは、はじめてかもしれない……と、しみじみ感じ入った週末の午後でした。
「お菓子なんて、無理よ!」という人にこそ、この『魔法のてぬきおやつ』をおススメしたいと思います。ぜひ、親子で“おいし楽しい”ひとときを過ごしてみてくださいね!

 

\大好評発売中/
材料2つから作れる! 魔法のてぬきおやつ
てぬキッチン:著

てぬキッチン
てぬき料理研究家。2017年より〝できるだけ手を抜いて、少ない材料で、誰でも失敗せずに美味しく作れるレシピ〟をコンセプトにYouTubeにお菓子や料理の投稿を始める。あまりの簡単さ、美味しさで話題となり、チャンネル登録者数は26万人を超える。現在では、雑誌、WEBなどでレシピ開発・メニュー考案・レシピ記事執筆・レシピ動画作成をするなど、幅広く活動中。とにかく美味しいものを食べることが大好きで、将来の夢は世界中の美味しいものを全部食べ尽くすこと。本書は初の書籍になる。