プチタグカード

プチタグカード


———————————————————————————————
自分で包んで手作りのカードを添えれば、
ちょっとしたプレゼントも特別なおくりものに早変わり。
イラストレーター杉浦さやかさんに教わる
かんたんカード作りとラッピングのアイデア。
———————————————————————————————

うちの小さな庭に咲く花で作ったブーケと、
リネンのマスクをセットにした友人へのギフト。
猫好きな人なので、ラッピングペーパーに(私のオリジナルグッズです)、
カードも猫で揃えてみました。
ちょっとしたプレゼントでも、相手の好みを考えながら
自分で包んで手作りのカードを添えれば、
特別なおくりものに早変わり。
カラフルなファッションがおしゃれなY子には、色を目一杯使って。
乙女趣味のMちゃんにはピンクのリボンを。
それはもう、時を忘れて没頭してしまいます。
私はラッピングとカード作りをするために、
プレゼントを贈るのかもしれません。

とはいえ、特別に凝ったことをするわけではなく、
渡す日の朝にささっとひと味添える程度の、簡単なことばかり。
お店のラッピングに少しだけ手を入れたり、
小さなカードを作ったり。
この連載では、そんな私のカード作りと、
ラッピングのアイデアを
少しずつおすそ分けしていこうと思っています。

杉浦さやか ラッピングペーパー/Loule


第一回は、プレゼントにつけるプチカード。
お店のラッピングまんまであげる時も、必ず添えるのが手作りのカード。
動物や花など相手の好きなモチーフにしたり、
コーヒーセットならカップ型など、
プレゼントとリンクしているものだったり。
簡単な形のモチーフに色画用紙を切って、
柄の紙や色紙などで貼り絵を制作。
穴を開けて紐を通し、プレゼントのリボンにタグのようにかけます。
裏側には一言メッセージを添えて。
パパッと5分10分ほどでできちゃうものが多く、
そんなものでもあるとなしでは大ちがい。
相手の顔を思い浮かべながらワクワクと手を動かし、
あっという間に気持ちをこめられてしまうのです。

なるべく形は単純にしたほうがかわいい。
絵が苦手な方はしりごみしてしまいそうだけど、
描きなれていない人のものの形のとらえ方は、
独特でとても味があるもの。
いくつかの絵柄の型紙を最後につけていますが、
慣れてきたら好きな絵をお手本にして、
ぜひオリジナルを作ってみてください。  
あなただけの世界でひとつのカードは、
プレゼントより主役になっちゃうかも?


【おうちカードの型紙】
ダウンロードはこちら


【その他のカードの型紙】
ダウンロードはこちら

 

*次回は2月5日(金)更新予定です。

Written by sugiura sayaka
sugiura sayaka

杉浦さやか(すぎうら・さやか)/1971年生まれ。日本大学藝術学部美術学科卒。大学在学中の1993年よりフリーのイラストレーター。 独自のタッチと視点で描くイラストエッセイが人気を博し、街歩き、旅、映画、おしゃれなど様々なテーマで執筆。『週末ジャパンツアー』『上海を歩こう』『はじめてのハワイ』『おたのしみ歳時記』(小社)、『スクラップ帖のつくりかた』(KKベストセラーズ)、『ニュー東京ホリデイ』(祥伝社)、『うれしいおくりもの』(池田書店)、『おやこデート』(白泉社)など著書多数。      Instagram https://www.instagram.com/sayaka_sugiura/     Twitter  https://twitter.com/saa_aya

»この連載の記事を見る