ひれふさずに生き延びたい  #それでも女をやっていく

ひれふさずに生き延びたい  #それでも女をやっていく



会社員、フリーライターであり、同人ユニット「劇団雌猫」として活動するひらりささんが、「女」について考えるこの連載。
今回は8月6日に起きた小田急線刺傷事件から感じたことについて、綴っていただきました。


 

駅に供えられていた花束の重みを、わたしはすぐには理解できなかった。

2019年1月、わたしは人生で初めて韓国に渡航した。とあるウェブメディアの「2万円を自己投資しよう!」という企画に参加し、日帰りでソウルひとり旅すると決めたのだ。航空券は税込22,330円。予算より多少足が出ていたが、自分で払えばOKとのこと。韓国メイクやファッションへの熱が高まっていたタイミングで、現地のブランドショップでコスメやファッションを買い漁るのが目的だった。

旅行の計画を立てるなかで、挑戦したくなったことがあった。韓国の美容医療だ。コロナ禍で下火になってしまったが、当時は「渡韓整形」の全盛期。コスメアカウントがおすすめ韓国コスメをツイートする一方で、整形アカウントが渡韓レポやクリニックレポを投稿しており、直接の友人からも、渡韓プチ整形の話が出ていた。興味を持ったのは「水光注射」だった。極細の針で肌に美容成分を注射し、肌質を向上させる美容医療だ。メスを入れる覚悟はないが、注射くらいならいいだろう。クリニックに予約を入れると、地図が送られてきた。最寄駅は、江南駅。大企業や芸能事務所なども多い繁華街で、エステ・美容クリニックも集中しているのだそうだ。そういえば「江南スタイル」って曲が流行ってたな、と思い出した。ガイドブックを買い、荷物を詰め、早朝の便でソウルに発った。

 

江南駅で見かけた花束の意味

1月のソウルは、想像を絶する寒さだった。自前のコートの上に、友人から借りたアウトドアブランドのフリースを着て、やっとしのげる程度。でも、とても楽しかった。水光注射にも多少のダウンタイムはあったため、旅程のラストに組み込んでいた。江南駅に着いたのは午後4時ごろ。手元の地図をみながら地下ショッピングモールをひた走り、最寄り出口を駆け上がった。いくつか花束が置かれていて「何なんだろう?」と思ったが、予約時間が迫っていたので、立ち止まれなかった。そのままクリニックへ駆け込んだ。

(イメージ:写真AC)

花束が、「江南駅通り魔事件」の被害者に手向けられたものだと知ったのは、ソウルから帰ってすぐのことだった。韓国で130万部超のベストセラーとなった『82年生まれ、キム・ジヨン』が日本でも版をかさねる中いくつかの紹介記事で、事件に触れられていた。『82年生まれ、キム・ジヨン』の原書刊行と、公衆トイレを出た22歳の女性が滅多刺しにされて亡くなった悲劇はともに2016年だった。あの花がそうだったのか。記憶が逆流して、脳に迫ってきた。

1 2 3
Written by ひらりさ
ひらりさ

ライター・編集者。平成元年生まれのオタク女子4人によるサークル「劇団雌猫」メンバー。
劇団雌猫としての編著書に、『浪費図鑑』(小学館)、『だから私はメイクする』(柏書房)など。
個人としてもアンソロジー同人誌『女と女』を発行するなど、女性にまつわるさまざまなテーマについて執筆している。
初の単著『沼で溺れてみたけれど』(講談社)が発売中。

»https://twitter.com/sarirahira

»この連載の記事を見る