女子校と蜘蛛の糸  #それでも女をやっていく

女子校と蜘蛛の糸 #それでも女をやっていく



 

会社員、フリーライターであり、同人ユニット「劇団雌猫」として活動するひらりささんが、「女」について考えるこの連載。
今回は留学先で出会った、女子校時代の先輩との縁について語っていただきました。

 


 

女子校を手放しに「好き」とは言えない、同窓会とかも極力行きたくない、と以前のエッセイで書いた。しかし、同じ学校で育った女の魂には、一生断ち切れないつながりが生まれることは間違いなく、アンビバレンツな感情を抱きながらも、その関係に助けられてしまうことが結構ある。
わたしがそれを実感したのは、世界に疫病が蔓延するほんの少し前、ロンドンに1ヶ月の短期語学留学に行った時のことだ。

(イメージ:写真AC)

2019年の11〜12月、コツコツためた有給と貯金を一気に放出して得た1ヶ月の休みで実現した語学留学。費用は、語学学校代、宿代、航空券代だけでも50万円近くかかった。有名オンライン英会話サービスも本拠地を置く英語留学のメッカ、フィリピン・セブ島を選んだ方が、間違いなく安く済んだだろう。
しかし、わたしはどうしてもロンドンに行きたかった。せっかくたまった有給を投資するなら、英語習得だけでなく、世界各国の美術品が多数収蔵された美術館を回ったり、ミュージカル好きの聖地・ウェストエンドで観劇をしたり、近隣諸国へのショートトリップを楽しんだりしたかったのだ。

海外一人旅も初めてなら、知り合いのいない土地で1ヶ月暮らすのも未知の経験。しかし、ロンドンには過去二度訪れたことがあったので、「慣れてるし安全」という謎の自信があった。公共交通網も発達しているし、銃社会じゃないし、大好きなドラマ『SHERLOCK』の国だし……いやSHERLOCKはめっちゃ人死ぬけども。
唯一心配していたのは、あまり世界的に評判が良くないイギリスの食環境で長期間耐え切れるか、ということくらい。この懸念も、イギリス留学経験があるというフォロワーさんが親切にも「おいしいご飯屋リスト」を送ってくれたことで解消されていた。

事件は、渡航2週間目に起きた。語学学校に慣れ、日本人があまりにも多いことに文句を言い、日本人コミュニティには少し距離を置きながらも、他国からきた歳下の女の子二人と仲良くなり、学校の最寄り駅前のパブでビールを飲んでいる時の出来事だった。
コクがある最高のビールを2パイントほど飲み、タイから来ているバンちゃんという女の子から「ママもわたしもSEVENTEENが好き!」という話を聞いて写真を見せてもらいながらK-POPアイドルの話でひとしきり盛り上がった後、ビールも飲み干したしそろそろわたしは家に帰ろうかと立ち上がった時に、気づいたのだ。椅子の下に置いていたはずのBAG’n’NOUNのリュックサックが丸ごと忽然と消えていることに……。

(イメージ:写真AC)

最初は、入店当初に座っていた別のテーブルにリュックを置き忘れたかな?と考えた。一緒にいた子たちも、わたしがなぜキョロキョロと店内を見回し始めたのか理解していなかったくらいだ。わたしが次第に青ざめ“My baggage may be stolen.”と時制の間違った英語で発すると、彼女たちもやっと気づき、同じくらいびっくりしていた。
「スリが横行しているので気をつけるように」とは語学学校のオリエンテーションでも言われていたが、財布一つやハンドバッグ一つならともかく、リュック丸ごと盗まれるとは、誰も思ってもいなかったのだ。

リュックの中には、100ポンド入った財布と、背のポケットに2万円、その他2週間分のノートやテキスト、Kindle Paperwhite、指輪などのアクセサリー類が入っていた。お金は財布とリュックのポケットに分けて入れることで、スリ対策をしているつもりだったのだが、全部盗まれたので全く意味がなかった……(涙)。
定期券、下宿先の鍵、iPhoneは上着のポケットに入っていたのでその日はなんとか家に帰り着くことはできたし、パスポートだけは語学学校からの厳しい言いつけを守って下宿先のロッカーに保管していたのは、かなりのファインプレーだった。
それまでにいろんなものを紛失したり盗難されたりする人生だったので、絶望的に落ち込まずにはすんだのも、不幸中の幸いとして、付け加えてもいいかもしれない。

1 2 3
Written by ひらりさ
ひらりさ

ライター・編集者。平成元年生まれのオタク女子4人によるサークル「劇団雌猫」メンバー。 劇団雌猫としての編著書に、『浪費図鑑』(小学館)、『だから私はメイクする』(柏書房)など。 個人としてもアンソロジー同人誌『女と女』を発行するなど、女性にまつわるさまざまなテーマについて執筆している。

»https://twitter.com/sarirahira

»この連載の記事を見る