三尋木奈保のオイスター偏愛記Ⅲ

三尋木奈保のオイスター偏愛記Ⅲ


今夜もマッカラン黒バージョン

-オイスター偏愛記Ⅰはこちら-
-オイスター偏愛記Ⅱはこちら-

生牡蠣愛がありあまりすぎて、今回も、生牡蠣にまつわる私的うんちくをお届けします!

生牡蠣とウイスキー

村上春樹さんの作品にも登場する、生牡蠣に、
ウイスキーをかけて食すスタイル。
ウイスキーの世界的産地、スコットランドの漁師さんが、牡蠣の殻でウイスキーを飲んでいたのが始まりだそう。

生牡蠣好き、ウイスキー好きの私としては、この組み合わせはいつかは試してみたい、長年の憧れでした。

でも、牡蠣もウイスキーもそれぞれ種類がたくさんあるから、ベストマッチの組み合わせがわからずにいたところ… 

いつものオイスターバーに、「アイリッシュ プレミアム オイスター」というアイルランド産の牡蠣が入荷していました。

アイルランドの牡蠣に、アイルランド産のウイスキーなら、絶対に合うはず!!
そう思いついて、アイリッシュウイスキーをストレートでオーダー。
スプーンでほんの少し牡蠣にたらして、目を閉じていただいてみると…。

 「ごう」と風が鳴りました。

それは間違いなく、アイルランドの海岸線に吹きつける風でした。
荒涼とした海岸線の風景までもが、はっきりと、目に浮かんだんです。
(アイルランド、行ったことないけど…)

ウイスキー独特の豊潤な薫りが、牡蠣の磯の風味と溶け合って、これこそ、まさに「マリアージュ」。

同じ気候と風土から生まれたものどうしだからこそ、こんなにも合うんでしょうね。

最近、食事とお酒の相性のことを、なんでもかんでも「マリアージュ」という言葉で片付ける風潮がありますが、この経験を越えるマリアージュには出合えそうにありません。

カウンターでひとりオイスター

ときどきやっちゃいます、私。

夕方、打ち合わせと打ち合わせの合い間、30分くらい時間が空いて近くになじみのオイスターバーがあったら、もう行くしかありません。

生牡蠣6ピースとスパークリングワインを1杯。
最高のプチ贅沢です。 
(夏の夕暮れどき、いい風が入ってくるテラス沿いのカウンターでこれをやるのが最高!)

牡蠣は「海のミルク」と言われるくらい、ビタミンやミネラルなど良質な栄養素を含むパワーフード。
仕事の合い間の「ひとりオイスター」は、私にとって最高のエネルギー補給なんです。

バースデー〝オイスター〟プレート

これは、昨年の私の誕生日。

「Happy Birthday」のメッセージを生牡蠣プレートでお祝いしてもらったときのもの。

IMG_5115

なんとも粋で、うれしいサプライズ。
正直言って、デザートプレートよりもこっちのほうが断然うれしい!!!!

最後にもうひとつ、私のとっておき自慢話を聞いてください!

いつものように六本木のオイスターバー「オストレア」で、牡蠣仲間と牡蠣を堪能していたある夜。

ちょうどその日、テレビ朝日の長寿番組『食彩の王国』が、牡蠣の取材でお店にきていて、店内の様子を収録していました。

 
で、私、テレビに映っちゃいました…!

画面には、牡蠣をひとくちでたいらげる私の顔のアップ。
そして薬師丸ひろ子さんの、あの素晴らしいナレーションが、「見て! この幸せそうな顔」と…。

牡蠣好きにとって、こんなに誇らしいことってあるでしょうか…?
大好きな牡蠣と自分とのコラボ映像が、全国放送に! 
しかも薬師丸ひろ子さんのナレーション付きです。
いつも『食彩の王国』を観るたび、薬師丸さんの声にうっとりしていた私ですが、まさか、牡蠣を食べる私の映像にナレーションをつけてもらう日がこようとは…。 

感無量…!

しばらくは牡蠣仲間たちに、この一件を得意になって自慢しておりました♡

 

●オイスターバー&レストラン
 オストレア
http://ostrea.jp/

 

————————————————————————————————————————————

『Oggiエディター三尋木奈保 My Basic Note ~「ふつうの服でおしゃれな感じ」のつくり方~』

————————————————————————————————————————————
Banner design&Illustration:Shogo Sekine

Written by Mihirogi Naho
Mihirogi Naho

三尋木 奈保(みひろぎ・なほ)/ファッションエディター 働く女性向けのファッション誌『Oggi』を中心に活躍。 近年はアパレルブランドの商品開発などにも携わる。ベーシックな服を色合わせや小物使いで洗練させる、等身大のセンスが大きな反響を呼ぶ。2013年、自身のベーシック・ルールを公開した著書『My Basic Note ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方』(小学館刊)を上梓。清潔感のあるこなれたスタイルと卓越したセオリーが幅広い層から支持を集め、11万部を超えるベストセラーに。食や文化を豊かに楽しむライフスタイルにも注目が集まる。 本連載が初のWeb連載となる。

»この連載の記事を見る