初の告白フォトエッセイが話題! 中山咲月さん『無性愛』発売記念インタビュー前編


『仮面ライダーゼロワン』の亡役であり、モデルとしても活躍する中山咲月さんが9月17日に初のフォトエッセイ『無性愛』を発売。
トランスジェンダーであり、他者に対して恋愛感情や性的欲求を持たないセクシュアリティ「無性愛者(アセクシュアル)」であることを告白した本書の出版に至った胸の内に迫ります!

 

 

――中山さんご自身が、「自分は無性愛者だ」と感じるようになったのはいつ頃のことでしょうか?

明確なきっかけは覚えていないのですが、漠然と感じていたのは、本当に小さい頃からだと思います。
学生時代に友達と話していると、恋愛の話題って絶対に出てきますよね。「誰が好きなの?」とか「どういう人が好きなの?」とか、絶対に聞かれる。
小学生から中学生ぐらいの頃は、まだ自分の心も成長していなかったので、無性愛者だと気づいていなくて。そういった質問をされた時も、周りに合わせてなんとなく適当に答えてしまっていたんです。

高校生になってからは、お付き合いをする機会もあったのですが、それは好きだったからではなく、告白されて断れずに付き合ったというか……断る理由がなかったので、という感じでした。
でも、付き合ってはみたものの、心ここにあらずで……。普通、付き合っている相手とスキンシップをする時って、ドキドキしたり、楽しい、嬉しいという気持ちになったりすると思うのですが、自分はなにも感じなかったんです。
手を繋ぐとかも、感情が揺れることなく普通にできてしまう。恋心というか、ときめきを感じない。そこでやっと、「あれ?なんか自分おかしいな」と思うようになりました。

――お付き合いを経験したことで、自分の中の違和感にしっかり気づけたということなのですね。

そうですね。それまでも、例えば少女漫画とかは読んでいたので、恋愛というものを第三者の視点では楽しんで見ていました。でも、いざ自分が当事者になった時に、「これまで自分が見てきた恋愛ができないな」と気づいて。
相手からもらっている恋愛感情を、同じ気持ちで返せない自分が申し訳なくなり、結局、お付き合いは終わりました。その後、人から恋愛感情を告白されると、恐怖心が生まれるようになってしまったんです。
好意を寄せられているのに、なんで怖いのか自分でも理解できなくて……。「恋愛 怖い」などで検索して調べた結果、無性愛という言葉にたどり着きました。

――その恐怖心というのは、自分自身に対して恋愛感情や精的欲求を向けられることが怖かったのでしょうか?それとも、同じ気持ちを返せないことや、その気持ちを理解できないという怖さだったのでしょうか。

理解できないという恐怖ですね。わからないものって、やっぱり怖いじゃないですか。それと同じ感情だったんだと思います。
お化け屋敷に入っている状態じゃないですが、どこからなにがくるかわからない恐怖心みたいなものに近かったと思います。

――自分が感じていた違和感は、無性愛というものなのだ、とわかった時の気持ちはどうでしたか?

自分でも理解できなかった感情に名前がついたことで、居場所を見つけたというか、自分と同じ人がいるという安心感を感じましたね。同時に、無性愛を知ったことで、「自分の中に恋心というものはない」ということがはっきりとわかりました。

1 2 3