一人暮らし歴20年の雨宮まみさんが初の暮らしエッセイ本


この本を読んだ方も、雨宮さんのそんな気持ちがうつってきて、片付けをしてお気に入りの家具などが欲しくなると思います! 

そう思っていただければうれしいです。私は物欲が強く、ものを見ているのが好きでついネットを見てしまうし、たまにデパートとかで大量にものを見ると幸せな気持ちになったりします。だから、あまり人に「持っているものを減らせ」って言えないんですよね。しっかり好みの軸を持っている人の部屋は、ものが多くても統一感があって素敵ですし。「ものがない暮らし」よりも、本当に目指したいのはそっちです。

でも、私はそこまで趣味がいいわけでも、統一感のある好みの軸を持っているわけでもないので、ごちゃごちゃしているものを片付けるという、本当に初歩の初歩から始めています。ひとつ気に入ったものを置けば、優先順位がはっきりするので、何を際立たせて見せる部屋にするのかを考えやすいなと感じました。 

最後に読者のみなさまへ一言お願いします! 

私の周りにもいるんですが、いつ行っても、雑誌に載っても恥ずかしくない素敵な部屋に住んでいる人は確かに存在していて、その素敵な部屋と自分の部屋を比べて落ち込んでしまうことってあると思うんです。そんな素敵な部屋じゃないと人には見せられない、と思っていると、もう絶対人を呼べないですよね。

だから、ダメなところはあっても、多少取り繕ってお披露目する、ぐらいの感じで、完璧じゃなくてもちょっといい雰囲気の部屋にできたらいいんじゃないかなと思います。ほかの片付け本が階段をトントントンと上っていく感じだとしたら、この本は1段くらいしか上がれないけど、そんなにいきなり上まで上がれない、という方には丁度良い温度になっていると思いますので、これを読んで自分のペースで理想のお部屋への一歩を踏み出す人が増えてくれればいいなと思います。

 _MG_7728_修正済み

 ★大好評発売中!

『自信のない部屋へようこそ』

網中いづるさんのイラストと、ワタナベアニさんが撮り下ろした
雨宮さんの自宅写真も多数掲載の贅沢な一冊です!

 

1 2 3